『閃乱カグラ』シリーズなどで知られる高木謙一郎氏がマーベラスを退職|更新:サイゲームスにてゲーム&アニメのマルチメディアプロジェクトを手掛ける模様

スポンサーリンク

『閃乱カグラ』シリーズなどで知られ、自ら“爆乳プロデューサー”を名乗るゲームクリエイター高木謙一郎氏が、13年務めたマーベラスを退職することが明らかとなりました。

3月28日に発売のファミ通最新号には、高木氏へのインタビューが掲載。退職の理由や『閃乱カグラ』シリーズの今後について、そして新天地での活動予定やマーベラスでの新規マルチメディアプロジェクトについて聞いたとのことです。

【更新:2019/3/27 12:30】 インタビューから判明した詳細を追記。

  • 退職の大きな理由は最近のセクシャル表現規制。自分の中で糸が切れた感じ。
  • 製作中のゲームはしっかり仕上げる。
  • 『閃乱カグラ7EVEN』は時間を置く。ベースは変わらないが進化しないといけない部分を作っている。その後、僕か誰かが完成させてファンに届けようかと。エロギャグ要素はこれまで以上に突き詰める。
  • 『閃乱カグラ』は協力しつつマーベラス社内での調整は任せ、私は爆乳プロデューサーとして行く。

  • 高木謙一郎氏の新天地はサイゲームス。
  • 高木氏原案のゲームとアニメのマルチメディアプロジェクトが始動。キャラクターデザインは鳴子ハナハル氏、アニメ版監督は金子ひらく氏。
  • 『閃乱カグラ』とは無関係。パブリッシャーはマーベラス。
  • 美少女ものだが衣服は脱げない。正統派の熱血作品。開発開始から既に1年半。
  • 高木氏「おっぱいPのくせに凄いもの作りやがって、生意気だな!」と言われるくらいのものを見せたい。