『イースIX』“協力者たち”と“やり込み要素”に関する情報が公開!

スポンサーリンク

日本ファルコムは9月26日に発売を予定しているPS4用アクションRPG『イースIX モンストルム・ノクス』について、「協力者たち」と「やり込み要素」に関する情報を公開しました。

スポンサーリンク

ストーリー&クエストを通して知り合った住民たちが、アドルの協力者に

メインストーリーや各種クエストを通してバルドゥークの住民たちと関わっていくことで、住民たちがアドルの協力者としてバルドゥーク市内での活動に力を貸してくれるようになる。

市内の探索が便利になるだけではなく、中にはキャラクターの強化や特殊アイテムの入手に関わってくる住民たちも。

シルエット「お使い」

クエストで「シルエット」と知り合うことで、“お使い担当”としてアドルの活動に協力。これまでに訪れたことのある店の商品を、シルエットを介して購入することが可能となる他、店舗数に応じて購入可能な商品が追加されていく。

マクシム「闇取引」

バルドゥーク市内のどこかにいる「マクシム」と出会うことで“闇取引”が可能に。“闇取引”では、一定の素材と交換することで特殊な能力を秘めた「アクセサリ」や一部のクエスト、ストーリーにも関わる「希少品」など、通常のショップに並んでいないアイテムを入手することができる。

その他、怪人の異能を駆使しなければ出会うことができないキャラクターも。

やり込み要素

蒼い花びら集め

バルドゥーク各地に散らばっている、“幸せをもたらす”といわれる《蒼い花びら》。この花びらを集めて市内にいる女性「マーガレット」に届けることで、様々なアイテムを入手することができる。さらに、花びらを一定数届けていくと「マーガレット」の語り口調に変化が起こるようになり……?

街の落書き

街の様々な場所に書かれている“落書き”。この落書きを調査し、民俗学者「バラン」に報告することで様々な報酬を受け取ることができる。落書きを調べることで意外な情報を入手できるほか、怪人たちの能力を上げることができる特殊な落書きが見つかることも。