『お姉チャンバラORIGIN』8分に及ぶ第2弾トレーラー公開!進化したアクション&システム、謎多き人物「レイ」の情報も明らかに

スポンサーリンク

ディースリー・パブリッシャーは12月5日に発売を予定しているPS4用ソフト『お姉チャンバラORIGIN』の8分にわたる第2弾トレーラーを公開しました。

本作は剣戟アクションゲーム『お姉チャンバラ』シリーズの原点である『THE お姉チャンバラ』と『THE お姉チャンバラ2』にあたるエピソードをPS4向けにフルリメイクした作品。メインキャラクターデザイナーにエナミカツミ氏を起用しています。

※更新:システムとキャラクター情報を追加しました。

スポンサーリンク

【PS4】『お姉チャンバラORIGIN』2ndトレーラー

【PS4】『お姉チャンバラORIGIN』2ndトレーラー

システム

クールコンビネーション

攻撃がヒットしたタイミングで攻撃ボタンの入力を行うと、青白い光のエフェクトが発生し、コンボが「クールコンビネーション」に変化する。
行動速度と攻撃力が増加、さらに攻撃の段数が1つ増えるなど、様々なメリットがある。

画面下に「クールコンボバー」が表示(※オプションで非表示可)されるようになったことで、初心者でもクールコンビネーションに繋げやすくなった。
クールコンビネーション中に回避やジャンプをしてもコンボは継続する。
入力タイミングを緩和するアイテムも登場。

暴走状態

「忌血族」である彩と咲は、屍霊の返り血を浴びることで「穢れ」が溜まっていき、最大値で「暴走状態」となり攻撃力が増加する。普通の攻撃が一切効かない強敵「マッドマン」も暴走状態になれば他の屍霊と同じように、いとも簡単に斬り刻むことが可能になる。

穢れの量は画面のキャラクターアイコンに表示されるほか、キャラクターの体に付着した返り血の量によってもある程度の確認ができる。
原作ゲーム「THE お姉チャンバラ」「THEお姉チャンバラ2」では暴走状態に突入すると徐々に体力が低下していくリスクがあったが、本作では防御力の低下へと置き換えられた。そのため、暴走発動を起因とするゲームオーバーを気にすることなく敵との攻防に集中が可能。

キャラクター

レイ CV:小林ゆう

屍霊ハンターの同業者であり、情報屋として彩にコンタクトしてきた女性。
彩に屍霊発生の情報を与えて討伐させる代わりに、彩の家族の情報を提供する間柄で、いわゆるビジネスパートナーである。彩に対して通信でいろいろと指示をする。
素性についてはほとんど不明で謎の多い人物。ただし、レイにも姉妹がいるらしい。