“零”シリーズ菊地プロデューサー「Switchで『零』を作りたい」意向明かす

スポンサーリンク

2014年にWii U用ソフト『零 濡鴉ノ巫女』が発売されて以降、約5年間に渡って休眠状態にある人気ホラーアドベンチャー『零』シリーズ。同シリーズのプロデューサーである菊地啓介氏は現在、人気アニメを原作とする新作RPG『FAIRY TAIL』の2020年発売に向けて取り組んでいますが、そんな中、海外メディアNintendo Everythingのインタビューに応じ「Switch向けに『零』を作りたいです」と自身の意向を明らかにしました。また、「携帯モードであちこち動き回りながらプレイするのはとても楽しいと思います」とも話しており、Switch携帯モードでのゲームプレイに魅力を感じている模様です。