任天堂の旧本社ビル、築90年の趣ある外観を極力残したままホテルとして生まれ変わる!2021年夏開業予定

スポンサーリンク

株式会社Plan・Do・Seeは、任天堂の創業の地に残る旧本社ビルをホテルとして生まれ変わらせる計画を明らかにしました。2021年夏に開業予定です。

1930年に建てられ、1959年に東山区に移るまでの29年間、世界的ゲームメーカーにまで成長した任天堂の本社機能を担ったというこのビルは、地域住民の愛着も深いとのこと。ビルには、当時の主力商品だったかるたやトランプを掲げた銘板が残っています。そんな歴史あるビルの趣ある外観を極力残したまま改修・増築しホテルとして活用します。

株式会社 Plan・Do・See は、2021 年夏(予定)に任天堂旧本社ビル(京都市下京区鍵屋町)をホテルとして開業することとなりました。

当建物は、かるた・花札等の製造・販売会社として創業され、現在は家庭用ゲーム機など娯楽製 品の開発・製造・販売をしている老舗企業『任天堂』が、かつて本社を構えていたもので、現在は任天堂創業家の資産管理会社である株式会社山内が所有しています。

五条通と七条通の中間にあり、西には東本願寺、東には鴨川を眺めることが出来る京都市内の中心地に位置し、歴史の面影が色濃く残る街並みの中に昭和初期の建築当時の佇まいそのままに現存しており、当時の役割を終えた今でも、街並みの一部として大切に守られています。

新しく生まれ変わる(仮称)かぶやま Project は、安藤忠雄建築研究所が設計監修、ノム建築設計室が設計、大林組が施工を担当し、既存建物の改修と一部新築の計画でございます。
客室数は約20室、宿泊者用の施設としてレストラン・バー・ジム・スパなどを備え、国内外のお客様に快適な滞在を提供致します。

街の方々に愛され守られてきた誇りある建物を、数々の古き良き伝統として現代に蘇らせてきたPlan・Do・Seeだからこそ出来る“おもてなし”が溢れたホテルとして、今後も永らく人々に愛されることを目指して参ります。是非ご期待下さい。

【計画概要 】
○住所:京都市下京区正面通木屋町東入北側鍵屋町 342
○交通:京阪本線「七条」駅下車徒歩 4 分 / 京都市バス「七条京阪前」下車徒歩 6 分
○開業予定日:2021年夏グランドオープン予定(宿泊予約受注 2021 年春開始予定)
○営業形態:ホテル
○事業主:株式会社 山内
○運営会社:株式会社 Plan・Do・See

(仮称)かぶやま Project のお知らせ