『ニーア リィンカーネーション』リリース時期は近日発表?儲からなくてもニーアファンが喜んでくれれば。ヨコオワールドが好きな人なら刺さる要素が多数…など ─ 開発者インタビュー公開

スポンサーリンク

『ニーア』シリーズの最新作としてスマートフォン向けに発表された『ニーア リィンカーネーション』。本作の開発者であるキーパーソン4名(プロデューサー:齊藤陽介氏|ディレクター:ヨコオタロウ氏|音楽:岡部啓一氏|アート:幸田和磨氏)のインタビューが電撃オンラインで公開されました。

  1. 『ニーア リィンカーネーション』開発者インタビューより
    1. Q.どのような作品?時間軸的には西暦何年くらいが舞台?
    2. Q.『レプリカント』や『オートマタ』との関連具合は?
    3. Q.本作立ち上げの経緯は?
    4. Q.ニーアファンはコンシューマユーザーが多いと思われ、新作がスマホなことに不満を抱く人もいそうだが?それらユーザーを満足させる施策もある?
    5. Q.「従来スマホゲーとは一味違う」というのは具体的にどういう意味?
    6. Q.想定しているユーザー層はニーアファン?それともニーアを遊んだことがないユーザー?(あるいはその両方?)
    7. Q.ジャンルはRPGとのことだが、アクションやパズル、STGなどの要素も盛り込まれる?
    8. Q.ティザー映像はゲームの内容がほとんど分からない構成だったが、どんな狙いがある?
    9. Q.スマホゲームのビジネスがレッドオーシャンとなって久しいこのタイミングで、『ニーア』新作をスマホでリリースすることの狙いやこだわりとは?
    10. Q.ティザー映像では「檻(ケージ)」というワードが印象的だったが、これの意味するものは?
    11. Q.ティザー映像では、1人の少女とポッド(らしきもの)が描かれていたが、彼女たちがキーキャラクターになる?
    12. Q.少女はニーアやカイネたち、あるいはヨルハ部隊メンバーと関係ある?
    13. Q.『ニーア リィンカーネーション』と『シノアリス』に共通点はある?
    14. Q.開発をアプリボットに依頼した経緯は?ヨコオDや齊藤Pはどれくらい関わっている?
    15. Q.アプリボット制作チームに抱いている印象は?
    16. Q.イケメンディレクターとはうまくやっていけそう?
    17. Q.岡部さんたちMONACAスタッフはどれくらいの楽曲を制作する?その中に『レプリカント』や『オートマタ』の要素は盛り込まれる?
    18. Q.ボーカル曲はある?
    19. Q.幸田さんがこだわったり意識していることは?
    20. Q.アートを手掛けるにあたり従来シリーズの雰囲気は意識している?
    21. Q.リリース時期はどれくらい?『レプリカント(バージョンアップ版)』とどちらが先に遊べる?
スポンサーリンク

『ニーア リィンカーネーション』開発者インタビューより

Q.どのような作品?時間軸的には西暦何年くらいが舞台?

ヨコオD:ガチャの入るスマホゲーム。時間軸は説明しづらいが、強いて言えば未来のどこか。

Q.『レプリカント』や『オートマタ』との関連具合は?

ヨコオD:僕の作るゲームは新規ユーザーのために、シリーズ作と大して関わりのない作品にしている。今回も同じ。

Q.本作立ち上げの経緯は?

齊藤P:『ニーア オートマタ』でお世話になったサイゲームスさんから提案されたことがきっかけ。

Q.ニーアファンはコンシューマユーザーが多いと思われ、新作がスマホなことに不満を抱く人もいそうだが?それらユーザーを満足させる施策もある?

齊藤P:ガチャはスマホならではだが、ゲームのコア部分はかなりコンシューマライクな作り。どちらのユーザーにも楽しんでもらえるはず。

ヨコオD:“不満を抱く”というのは、ニーアの本質が“不安”ということを考えれば正しい反応。そういったユーザーも満足できるのか?という点については、人間は常に満足できないように出来ているので満足できないと思う。

Q.「従来スマホゲーとは一味違う」というのは具体的にどういう意味?

ヨコオD:そう言ったものの、よく考えたら『パズドラ』と同じようにガチャが入っているので、さして変わらない気がしてきた。

Q.想定しているユーザー層はニーアファン?それともニーアを遊んだことがないユーザー?(あるいはその両方?)

ヨコオD:スマホを所有している人類のみなさま。

Q.ジャンルはRPGとのことだが、アクションやパズル、STGなどの要素も盛り込まれる?

齊藤P:ヨコオワールドが好きな人には刺さる要素が盛りだくさん。

ヨコオD:そもそもRPGではない気がする。

Q.ティザー映像はゲームの内容がほとんど分からない構成だったが、どんな狙いがある?

NieR Re[in]carnation (ニーア リィンカーネーション): TEASER TRAILER

齊藤P:発表から1ヶ月未満でゲーム画面の撮って出しを披露した。それもUIなどを全消ししたものだったが、また近い内に更新して見せられると思う。

ヨコオD:リリース前に内容を伝えられないので適当に誤魔化した。

Q.スマホゲームのビジネスがレッドオーシャンとなって久しいこのタイミングで、『ニーア』新作をスマホでリリースすることの狙いやこだわりとは?

齊藤P:赤字は困るが運営を継続できる程度の黒字が出せれば。あとは、ニーアファンが喜んでくれるなら、それが一番。

Q.ティザー映像では「檻(ケージ)」というワードが印象的だったが、これの意味するものは?

ヨコオD:「ケージ」は、このゲームのメインフィールドです。

Q.ティザー映像では、1人の少女とポッド(らしきもの)が描かれていたが、彼女たちがキーキャラクターになる?

ヨコオD:概ねそんな感じです。

Q.少女はニーアやカイネたち、あるいはヨルハ部隊メンバーと関係ある?

ヨコオD:スクエニ製品という意味では関係ある。

Q.『ニーア リィンカーネーション』と『シノアリス』に共通点はある?

ヨコオD:ガチャがあるところ。

Q.開発をアプリボットに依頼した経緯は?ヨコオDや齊藤Pはどれくらい関わっている?

齊藤P:ベタ付きでやっているが、若い人たちのクリエイティビティに委ねている部分も多い。アプリボットさんはサイゲームスさんのグループ会社として紹介してもらった。

ヨコオD:クリエイティブ・ディレクターとして関わっている。

Q.アプリボット制作チームに抱いている印象は?

ヨコオD:若くて優秀。嫉妬の感情しか湧き上がってこない。

Q.イケメンディレクターとはうまくやっていけそう?

ヨコオD:無理ですね…。

Q.岡部さんたちMONACAスタッフはどれくらいの楽曲を制作する?その中に『レプリカント』や『オートマタ』の要素は盛り込まれる?

岡部氏:サービス開始当初は20曲弱くらい。僕と瀬尾という作家で担当している。現状はすべて『リィンカーネーション』のオリジナル曲。サービスが継続し曲が増えていけば、シリーズ曲のアレンジも登場するかもしれない。

Q.ボーカル曲はある?

岡部氏:ソロボーカルだけでなく、コーラスも含めると半分以上は歌入り。ただ、ヨコオさんからの要望で従来ニーアシリーズと比較するとメロディが朗々と歌う感じの曲は少なく、短いフレーズを繰り返す曲が多い。

Q.幸田さんがこだわったり意識していることは?

幸田氏:●●●●●が舞台になるので、いつも以上にライティングに配慮し空気感の表現に注力。また、今作の背景的なキー要素になっている“布”が魅力的に見えるような配置を心がけている。

Q.アートを手掛けるにあたり従来シリーズの雰囲気は意識している?

幸田氏:従来作品は特に意識せず描いたうえで、ヨコオさんに判断を任せて整えてもらった。

Q.リリース時期はどれくらい?『レプリカント(バージョンアップ版)』とどちらが先に遊べる?

齊藤P:秘密ですが、近いうちに分かるかもしれません。