『Ghost of Tsushima』レイドミッション「大禍」10月30日に配信へ

スポンサーリンク

SIEは、PS4用ソフト『Ghost of Tsushima』のオンラインCo-op「Legends / 冥人奇譚」にレイドミッション「大禍」を追加するアップデートを10月30日(太平洋時間)に配信すると発表しました。

レイドミッション「大禍」モード「壱与之譚」とは、「Legends / 冥人奇譚」で語られた物語が最高潮に達し、般若と呼ばれる壱与の国での戦いを三幕構成で描くコンテンツ。四人組の冥人のみ挑戦が可能でありマッチメイキングは不可。突破するには「気」レベル100以上が推奨されています。

また、毎週土曜日の午前1時に「奇譚」と「九死」に新たな条件付きミッションが登場。「奇譚」「九死」それぞれで高得点を記録した組は週替り「格付け」で表示されます。なお、条件付きミッションの難易度はすべて「百鬼」です。

さらに本日、下記不具合の修正が実施予定とのことです。

  • 頻繁にネットワークエラーメッセージが表示される問題を修正。
  • 「奇譚」のチュートリアルで一部のユーザーが進行できなくなってしまう問題を修正。
  • 二周目「ニューゲームプラス」でプラチナトロフィー取得者用の鎧の染色が登場しない問題を修正。
  • PSNの「一緒にプレイした人」機能への対応を追加。
  • その他の不具合とクラッシュの修正。