Switch『スサノオ 日本神話RPG』発売日が7月22日に決定 ─ 古代日本を舞台に神話を紡ぐRPG

スポンサーリンク

“はちみつくまさん”や“苺坊主”などの名前で長年にわたって二次創作ゲームを手掛けてきたハチクマとすとろべり~光が開発するオリジナルIP『スサノオ 日本神話RPG』。本作の発売日が7月22日に決定し、メビウスがパブリッシングを手掛けることが判明しました。価格は5,478円。当初はPS4とSwitchの2ハード向けに発表されましたが、PS4版はキャンセルされNintendo Switch専用になった模様。

本作は古代日本を舞台に神話を紡ぐRPGで、キャラクターデザインは丈山雄為氏が担当しています。

アマテラスの弟「スサノオ」が本作の主人公。かつては荒神と恐れられていましたが、今はちょっと強引な性格のナイスガイに。怪力を活かしたパワーアタッカーで、高いHPを活かしたタンクもこなせます。そんなスサノオに命を救われ妻となった回復術を得意とする少女「クシナダ」や、高天原からスサノオの元に派遣された使者で頭脳明晰な術アタッカー「タクハタ」といったキャラクターが登場する模様です。ただ、2018年当時の情報なので現在は変更されているものもあるかもしれません。

ソース:ゲームよりどりサブカルみどりパーク