スポンサーリンク

PS4『まいてつ -pure station-』7月26日に発売決定!PS VRにも対応

ヴューズは、PS4用ソフト(一部PSVR対応)『まいてつ -pure station-』を7月26日に発売すると発表しました。価格は通常版が6,800円、特別豪華版 withフィギュアが26,000円、With抱き枕カバーが18,800円、withトリプルスエードタペストリーが12,800円(全て税別)です。

<続きは以下へ>

スポンサーリンク

『まいてつ -pure station-』ストーリー

 鉄道車輌を制御する人型モジュール・レイルロオド。
 旧帝鉄8620系蒸気機関車のトップナンバー機、8620の専用レイルロオドであるハチロクも、他の数多のレイルロオドたちと同様、大廃線に伴って廃用され、長い眠りについていた。
 大廃線による鉄道事故で家族を失くし、隈本県は御一夜市の焼酎酒造、右田家の養子となった少年、右田双鉄。
 長じて帝大へと進学した彼は、第二の故郷を、工場誘致による水汚染から救うべく、御一夜へ帰還。
 そこで偶然にハチロクを目覚めさせ、そのオーナーとなる。
 双鉄とハチロクとは、それぞれの目的を達成するため、行方不明になっている蒸気機関車8620の捜索を決意。
 双鉄の義妹で絵描きの日々姫、御一夜市長兼御一夜鉄道社長ポーレットらと力をあわせ、8620復活を目指し、奮闘努力を重ねていく。

ゲームの特徴

誰もが想像する心の故郷をイメージできる作品

 作品の舞台として登場するのは架空の町。
 九州の熊本を思わせるどこか懐かしい隈本市の景色と、SL機関車が走る様子は忘れかけていた心の故郷を思い出させる。どこか懐かしくなる情景を、優しくもふんだんに描いた作品。作品を通して、鉄道浪漫を感じられるはず。

家庭用ゲーム機版ではVRビューアーを追加

 原作PCゲームは、萌えゲーアワード準大賞・シナリオ賞の受賞作品として、ユーザーからの高い支持を獲得。加えて、家庭用ゲーム機版ならではの機能として、メインヒロインであるハチロクのVRビューアーを搭載。ハチロクを可愛さをより身近に感じることができる。

初回仕様として特別豪華版を3種類発売

 ソフト単体の通常版に加えて、特別豪華版を3種類用意。各種豪華版の共通特典として、オリジナルサウンドトラックセット5枚組に、ポケット色紙2枚セットなどをセット。さらに、特別豪華版withフィギュアでは、ヒロインハチロクのフィギュア、With抱き枕カバーでは、描きおろしのハチロク抱き枕カバー、Withトリプルスエードタペストリーでは、リッチな素材のタペストリーをそれぞれ用意している。

特別豪華版withフィギュア

ハチロク 1/6 スケールフィギュアハチロク 1/6 スケールフィギュア ハチロク 1/6 スケールフィギュア

材質:PVC/ABS
スケール:1/6
サイズ:全高約200mm、台座直径130㎜
原型制作:Lose
原型制作協力:(株)イクリエ 木下貴雄
彩色製作:星名詠美
製作協力:アスパイア


ほか、「with抱き枕カバー」と「withトリプルスエードタペストリー」については公式サイトにてご確認ください。

豪華版紹介ページ | まいてつ -pure station- (PS4専用ソフト)
PS4
スポンサーリンク
game2talk@gmail.comをフォローする
スポンサーリンク

関連記事




ゲーム情報!ゲームのはなし