ポケモン石原恒和氏インタビュー「2019年後半のポケモン新作は『Let’s Go』とは別軸。シリーズファンにこそ大いに期待してほしい」「映像クオリティも磨き上げる」など

スポンサーリンク

先日、『ポケットモンスター ピカチュウ』をベースに制作されたNintendo Switch用ソフト『ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ・イーブイ』が発表。あわせて2019年後半には『ポケモン』シリーズ完全新作をリリース予定というアナウンスも行われました。その2タイトルに関してポケモン代表取締役社長・石原恒和氏が語ったインタビュー記事がファミ通最新号に掲載され、その一部が明らかとなっています。

<続きは以下へ>

スポンサーリンク

石原恒和氏インタビューより

  • 「このタイミングでポケモン新作を投入できるのはスイッチ立ち上げ時から開発を始めていたから。我々のゲームがプラットフォームを牽引するぞ、という気概を持っている。」
  • 「『ポケモン Let’s GO!』は捕まえるプロセスやテンポが大きく変わっている。ジョイコン片手で遊べ、振るとモンスターボールを投げるなど操作感も違うものに」
  • 「2人プレイではもう一人のプレイヤーが出てきてポケモンを捕まえる手助けができる」
  • 「新ポケモンは出そうと思っている。ポケモンピカチュウのリメイクと思われていると考えプレイスタイルや表現の面だけでなく、初めて見るポケモンといった新たな要素を加えるつもり」
  • 『ポケモンGO』で初めてポケモンに触れた人が次に遊ぶポケモンシリーズになってほしい。
  • 当初は「これはもうポケモンシリーズではない」と各所から違和感が噴出したが、実際に遊んでいると「これはこれでアリだよね」となった。
  • Switchとスマホの連動は、現時点では『Let’s Go』の特殊事例と考えている。今後スタンダードになるとは思っていない。
  • 「2019年後半に発売を予定している新作は『Let’s Go』とは別軸のタイトル。入門的な位置づけではなくポケモンシリーズをたっぷり遊んでいただいたファンの方々にこそ大いにご期待いただきたいタイトル」
  • 「ハードはスイッチだが従来のようにハンズオンを意識した作りになっている」
  • 「映像クオリティも磨き上げる」
  • 「ゲームフリークが伝統を継いできたポケモンが進化した形はとこんなゲームなのだ、ということがわかりやすい作品に」
  • 「ポケモンファンに「これを待っていた!」と言ってもらえるような遊びの要素をしっかり入れ、新しいポケモンにもたくさん出会えるようないわゆる“完全新作”を提供したい」
関連リンク

 ・ゲームよりどりサブカルみどりパーク