タイトー、『ダライアス コズミックコレクション』に続いて『ザ・ニンジャウォーリアーズ AGAIN(仮)』をSwitchで発売予定。ほかにも様々なプラットフォームで復刻作から新作までプロジェクト進行中

スポンサーリンク

タイトーが、Nintendo Switch用ソフト『ザ・ニンジャウォーリアーズ AGAIN(仮)』を2019年に発売することが分かりました。本作は、1994年に発売されたナツメ開発のSFC用ソフト『ザ・ニンジャウォーリアーズ アゲイン』をSwitch向けにリメイクした作品とのこと。

同社は先日にも、Nintendo Switch向けに歴代『ダライアス』作品を移植した『ダライアス コズミックコレクション』(※移植はM2が担当)を発表したばかりですが、これらタイトルの他にも、様々なプラットフォーム向けに復刻作から新作までプロジェクトを進行中であることが明らかに。インタビューでは「家庭用ゲームは現在、ビジネスとして非情に難しい。その中で我々は、皆さんに受け入れてもらえそうなものをリリースしていこうと考えているが、チャンスがあればオリジナル作品も作るかもしれない」と述べています。

関連記事
 ・ゲームよりどりサブカルみどりパーク