スクエニが『ハイスコアガール』著作権侵害の件でSNKプレイモアを訴える

スポンサーリンク

スクウェア・エニックスは本日10月8日、SNKプレイモアを相手方とし「債務不存在確認請求訴訟」を大阪地方裁判所に提起したと発表しました。

スクウェア・エニックスは、同社が出版する漫画「ハイスコアガール」(原作者:押切蓮介氏)において、SNKプレイモアが著作権を持つゲームのキャラクターを無断で使用したとして刑事告訴されており、8月5日に警察当局による家宅捜索を受けています。

同社は、SNKプレイモアが主張するような著作権侵害の事実がないことの確認を求めて今回の訴訟を提起したと説明。「当社の主張の正当性を求めて民事訴訟の場において明らかにしていく所存」との考えを示しています。

関連リンク
 ・訴訟提起のお知らせ|スクウェア・エニックス