PS4『エースコンバット7』トレーラーは全て実機によるリアルタイム映像、「軌道エレベーター」がシンボルなど河野プロデューサーインタビュー情報

ace-combat-7_151207

PSX2015にて発表されたPS4用ソフト『エースコンバット7』について、プロデューサー河野一聡氏のインタビュー情報がゲーム誌のフラゲより明らかとなりました。既出情報も含めてご紹介します。

まず、河野氏が自身のTwitterで語っていたように、デビュートレーラーの映像は、人物や航空機、雲の動きに至るまで全てが実機でリアルタイムに描画されているとのこと。雲もオブジェクトとして3D空間に浮かんでおり、特定の雲を目指して飛べば、ちゃんとそこに実在するそうです。また、本作のシンボルは「軌道エレベーター」であることや、映像に登場した大型の航空機は開発チームで「FAS」と呼ばれている架空の機体であり、軌道エレベーターの周囲を旋回しながら守っていることも判明。PS VRのサポートを決めた理由については、多くの人に直感的に遊んでもらいたいという思いがあることに加え、空を自由に飛べるというゲーム内容とVRの相性が合致しやすかったためと説明しています。

ちなみに、現在の開発度は20%程度とのことです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事