坂口博信氏の新作タイトルは『テラバトル』?商標が確認される

『ファイナルファンタジー』の生みの親として知られる著名ゲームクリエイター坂口博信氏が、7月2日よりフランスで開催されるイベント「Japan Expo」にて最新プロジェクトを発表するというニュースをお伝えしましたが、その新作タイトルは『テラバトル』かもしれません。

これは、同氏が代表を務めるゲームメーカー・ミストウォーカーが2014年6月2日に『TERRA BATTLE(テラバトル)』という商標を出願していたことから明らかになったもの。「TERRA」とはラテン語で大地や地球を意味する単語なので、何やら壮大なゲームになりそうな予感がしますね。

terra-battle_140627

タグ:
follow us in feedly

おすすめ記事

コメント

関連記事

『ドラクエモンスターズ』シリーズ完全新作の制作が決定
noimage
『零 ~濡鴉ノ巫女~』33点、『オメガクインテット』30点などファミ通クロスレビュースコアが判明
スクエニ野村哲也氏、初音ミクとのコラボについて「ゲーム化の可能性ある」と発言
『ヨッシーNewアイランド』33点、『コープスパーティーBD』29点、『アンダーナイトインヴァース』29点などファミ通レビュースコアが判明
noimage
『ブレイブリーデフォルト ドラマCD ~エタニティの腕環~』公式サイトがオープン。9月17日発売予定。初回版には『プレイングブレージュ』で使えるSPカードコード付属
『ゼルダ無双』6.9万、Vita『MHF-G』2.1万:ゲームソフト週間販売本数ランキング
ストリーミングサービス『DIVE IN』:Androidタブレットで『FFXIII』をプレイする動画が公開-遅延なし
5pb.Recordsがハイレゾ音源の配信をスタート!第1弾は『シュタインズ・ゲート』や『PRESIOUS』など。今後『カオスヘッド』や『ひぐらしのなく頃に』など続々配信予定!
コーエーテクモ鯉沼氏「今年はここが全てだと思う」と「SCEJAプレスカンファレンス」を周知するツイート
『忍者じゃじゃ丸くん』が実写映画化決定、予告映像公開!アクションシーンのクオリティアップのためクラウドファンディングを実施
舞台『P4U』里中千枝、天城雪子、久慈川りせのキャラクタービジュアルが公開
米マイクロソフト、最大1万8000人の人員削減を発表
スクエニ、『ドラクエ スライムサブレ』アレルギー物質の表示漏れで自主回収を発表

人気ゲーム

Menu

HOME

 TOP