坂口博信氏の新作タイトルは『テラバトル』?商標が確認される

『ファイナルファンタジー』の生みの親として知られる著名ゲームクリエイター坂口博信氏が、7月2日よりフランスで開催されるイベント「Japan Expo」にて最新プロジェクトを発表するというニュースをお伝えしましたが、その新作タイトルは『テラバトル』かもしれません。

これは、同氏が代表を務めるゲームメーカー・ミストウォーカーが2014年6月2日に『TERRA BATTLE(テラバトル)』という商標を出願していたことから明らかになったもの。「TERRA」とはラテン語で大地や地球を意味する単語なので、何やら壮大なゲームになりそうな予感がしますね。

terra-battle_140627

follow us in feedly

おすすめ記事

コメント

関連記事

野村哲也氏が『キングダムハーツ』ソラのイラストを完成させるまでのメイキングムービー
任天堂の著作物がniconico「クリエイター奨励プログラム」の対象に!250超の対応タイトルリストが公開
BD『テイルズ オブ フェスティバル 2014』11月14日発売決定。特製BOX入り限定版も発売
『龍が如く0』×「BRERA OROLOGI」のコラボが決定!ゲーム内で桐生が着用している時計が20本限定で発売!
5pb.、浅田誠氏が制作総指揮を執る新規プロジェクトを発表!『YU-NO』リメイクではないかと話題
スクエニ、クラウドゲーム事業の新会社「シンラ・テクノロジー」発足!代表は和田洋一氏。2015年早期 日本でβテスト実施
『オカルティック・ナイン』ゲーム化が決定!キャストも判明!
次世代機向け新作『マスエフェクト』の映像が初披露!
『Fallout 4』発表間近か!?著名3Dアーティストの職歴に『Fallout 4』のシネマティックトレーラーが確認される
『ゼルダ無双』6.9万、Vita『MHF-G』2.1万:ゲームソフト週間販売本数ランキング
ユーザーが期待する話題の新作12タイトルが判明!「日本ゲーム大賞2014 フューチャー部門」受賞作品が発表
レトロゲーム互換機『レトロフリーク』インストール機能を搭載!一度プレイしたゲームはカートリッジの接続なしでプレイ可能
『ウイニングイレブン2016』発表!アナウンストレーラー公開
1台で11ハードのゲームが遊べる『レトロフリーク』電池切れ&もともとデータ保存機能がないゲームでも本体にセーブ可能と判明!
『Fallout 4』が大きな注目を集めるベセスダ・ソフトワークスのE3カンファレンスが日本語同時通訳付きで完全生中継決定!

Menu

HOME

 TOP