『Dead by Daylight』日本人キラー参戦を強く示唆するティザー映像が公開。PS4日本語版の販売数が約20万本に達していることも判明

スポンサーリンク

Behaviour Interactiveは、非対称対戦アクション『Dead by Daylight』の新たなティザー映像を公開し、日本人キラーの参戦を強く示唆しました。

Dead by Daylight | First Cut

映像からは、血濡れた日本刀を女性に対して何度も振り下ろしながら「すべては無意味なのだ娘よ。人はみな死ぬ。時が経つほど苦しみは大きくなるのだ。」と片言の日本語で話す男性や、般若の面、刀掛け、「起死回生」と書かれた木札などが確認できます。

また、4月に発売されたPS4日本語版の販売数が約20万本に達していることが判明。さらに、9月に開催されるTGS2018イベントステージにディレクターのマシュー・コート氏が登場することも明らかに。このステージでは、開発背景や今後の展開についてスペシャルトークショーを行うとのことです。

日本でも人気爆発のホラーサバイバルゲーム『Dead by Daylight』東京ゲームショウ2018で初のイベントステージ参加決定!
Behaviour Interactive, Inc.のプレスリリース(2018年8月23日 21時30分)日本でも人気爆発のホラーサバイバルゲーム『Dead by Daylight』東京ゲームショウ2018で初のイベントステージ参加決定!

コメント