『ジ・アート・オブ Horizon Zero Dawn』邦訳版が10月15日に発売

誠文堂新光社は、アート集『ジ・アート・オブ Horizon Zero Dawn』邦訳版を10月15日に発売します。価格は3,500円(税別)です。

『ジ・アート・オブ Horizon Zero Dawn』は、ゲリラゲームズ開発のPS4専用オープンワールド・アクションRPG『Horizon Zero Dawn』のアート集。スケッチやコンセプトアート、都市と大地、各部族の文化、機械獣を描いたイラストなど合計300点以上を192ページにわたって収録しています。

『ジ・アート・オブ Horizon Zero Dawn』について

全世界累計実売本数760万本突破!
オープンワールド・アクションRPG屈指の傑作、『Horizon Zero Dawn』のアート集が邦訳化!

『KILLZONE』シリーズで知られるゲリラゲームズの最新作にして完全新規タイトル『Horizon Zero Dawn』の、生命力あふれる広大な世界を紹介するファン待望のアート集

細部まで描き込まれたスケッチや豪華なコンセプトアートのほか、アーティストやクリエイターのコメント、雄大な都市や緑豊かな大地、各部族の多彩な文化、そして地球上にはびこる驚異の機械獣を描いたイラストなど合計300点以上を収録。

この美しくも危険な世界が完成するまでの過程とその全貌を、開発時のアート作品とともに振り返る究極の一冊です。

【“PlayStation 4”専用オープンワールド・アクションRPG 『Horizon Zero Dawn』】
1000年前、世界は崩壊し、人類は絶滅の淵に立たされた。
都市は大自然に覆い尽くされ、地球は動物の姿を模した機械たちに支配される。
人類に残されたのは、真偽の怪しい言い伝えと、文明の遺跡だけ。
新世界に生きる部族たちは、散り散りに暮らしている。
ある部族は慎ましやかな生活を営み、また別の部族は世界の王のごとく権力を振るう……。
異端者にして狩人のアーロイは、自身の存在理由や出生の秘密を探し求めるが、
そのためには、大地を闊歩し空を翔ける獰猛な機械獣と戦い、失われた文明の謎を解き明かさなければならなかった。

著・文・その他:ポール・デイヴィス[ポール デイヴィス]
翻訳:江原 健[エハラ タケシ]
監修/翻訳:大島 陸[オオシマ リク]

サンプル画像