『真・三國無双8』協力プレイは10月23日実装。『無料共闘&体験版』が11月1日配信決定、キャラ個別購入にも対応。11月から半年にわたってDLC配信など今後の展開についても判明

コーエーテクモゲームスより発売中のPS4/Steam用ソフト『真・三國無双8』。本作の鈴木プロデューサーおよび宮内ディレクターのインタビューがファミ通.comに掲載されており、先日公式Twitterアカウントを通じて告知されたオフライン・オンライン協力プレイの実装をはじめ、今後の展開に関する新情報が明らかとなりました。

『真・三國無双8』鈴木P&宮内D インタビュー情報

協力プレイについて

  • オフライン・オンライン協力プレイが10月23日のアップデートにて実装。
  • 画面分割プレイの場合、フレームレートは30fps固定。
  • 協力プレイは、それぞれ別のミッションを受注するなど自由にプレイ可能。
  • 協力プレイはフリーモード扱いとなっており、操作キャラクターは開放されている武将の中から自由に選択可能。
  • オフラインの場合、協力プレイを選び2P側のコントローラーのボタンを押せば、すぐに協力プレイが可能。またいつでも離脱可能。
  • オンラインの場合、フレンドの招待だけでなく、フレンド以外のユーザーともプレイ可能。
  • アイテムの獲得について。オンラインの場合、それぞれが入手したアイテムを獲得できるが、オフラインの場合は全て1P側のものとなる。
  • 協力プレイでは1Pが打ち上げた敵を2Pが追撃するという連携アクションも可能。

真・三國無双8 協力プレイ 真・三國無双8 協力プレイ

『無料共闘&体験版』や今後の展開について

  • DLCは要望の多いところから開発中。武将の衣装やシナリオ、武器など過去作でも人気のコンテンツを配信していく。DLCは11月から半年間にわたって展開する。
  • 11月1日から一部の武将を無料でプレイできる『無料共闘&体験版』を配信開始。
  • 操作武将は全90人の中から最大3人を選択でき、序盤を約1~4時間ほどプレイ可能。
  • オンライン協力プレイにも自由に参加可能(※体験版でミッション以外にも入ることができる)。
  • キャラクターのシナリオ個別販売も実施。『無料共闘&体験版』からキャラクターを購入することで、そのキャラに関する全てのシナリオがプレイ可能になる。価格は、シナリオの長さによって200~400円を想定している。ただし、この場合トロフィーは獲得できない。
  • (if展開シナリオが見たかった)今後配信する追加シナリオDLCは、ifの要素を入れ込んだものになる。
  • (新武将の追加は?)直近で新しい武将を増やすことはない。
  • (平服で戦いたい)ポリゴンが食い込んでしまうなど見た目の問題があり実装を控えている。スタッフからは「気にしなくてもいいのでは?」という意見もあり、迷っている。
  • (武将固有のアクションが欲しい)武将の数が多いぶん、どうしても時間がかかってしまう。
  • (オープンワールドを使った新たな遊びを実装する予定は?)増やしたいと考えており、すでに企画も上がってきている。あとはどう落とし込むか。協力プレイならではの遊びや、ふたりだからこそインセンティブが得られる仕組みも実装したい。ネットワークに対応したので、ランキングなども絡めると面白いかもしれない。
  • (隠れ処の武将との交流を増やしてほしい)拡張できるようになっているので、前向きに検討したい。
  • (フォトモード機能を拡張してほしい)拡張できる余地あり。表情は増やしやすいがポーズは難しい。
  • 新たなフォトモードコンテストを開催予定。
  • (猛将伝やEmpiresは登場する?)現状どちらとも言えないが、チーム内でもオープンワールドと『Empires』は相性がいいのではないか?という意見があるので検討中。
  • 今後もユーザーの意見を取り入れながらアップデートを実施するなどして、より良い作品にしていきたい。DLCについても要望の大きいものは追加していきたい。
情報元:ファミ通.com