Switch『あつまれ どうぶつの森』初の実機プレイがお披露目!DIY要素やJoy-Conをおすそわけしてのマルチプレイなどを紹介

スポンサーリンク

任天堂が2020年3月20日に発売を予定しているNintendo Switch用ソフト『あつまれ どうぶつの森』について、初の実機プレイがNintendo Treehouse E3 2019にて披露されました。

スポンサーリンク

『あつまれ どうぶつの森』実機プレイ

Animal Crossing: New Horizons Gameplay – Nintendo Treehouse: Live | E3 2019
  • たぬきちは「たぬき開発」という新しい事業をしており、プレイヤーはその無人島パッケージプランに参加する。
  • 家具の配置は、ハッピーホームデザイナーと同じく今までの半分の単位で動かせるので、家具配置の自由度がアップ。家具は室内だけでなく屋外に設置することもできる。
  • たぬきちから支給されたスマホには“DIYレシピ”のアプリが入っており、そこで家具や道具のクラフトに必要な素材を確認できる。
  • ベンチを作るには木材が必要。木材を集めるに必要な斧を作るために、まずは枝と石を集めて斧を作成。
  • DIYには作業台が必要。持っていない場合は案内所に行けば借りることができる。
  • 案内所では、ちょっとした道具を買ったり、いらないものを売ったりすることもできる。
  • 「たぬきマイレージ」実際のマイルのように飛行機に乗ったりショッピンをしたりなど、島での体験に対してマイルが付与される。マイレージを貯めると色々なサービスやオリジナルアイテムと交換できる。
  • 「コールアイランダー」というアプリを使えば、同じ島に住んでいる住人同士でマルチプレイが可能。Joy-Conをおすそわけし、協力して材料を集めるなど一緒にゲームプレイが楽しめる。
  • マルチプレイ時にDIYやアイテムの配置が行えるのはリーダー(ホストキャラクター)のみ。リーダーは簡単に切り替えられる。
  • 没入体験をしてもらうために様々な工夫をしている。例えば、実際に砂の上を歩いたり、草を刈ってきて踏みつけたりして足音を録音し、よりナチュラルな音を再現している。また、葉や草を揺らして風も表現。風が強くなれば木も揺れるなど、現実の空気も再現しようとしている。
  • スマホはカメラも搭載しており、ズームやフィルタなどの機能を使って写真撮影ができる。
  • DIYレシピはどうぶつから教えてもらったり、何かアイテムを手に入れたことをきっかけにして思いついたり、購入することなどで増えていく。
  • 北半球だけではなく南半球の季節にも対応。