『龍が如く7』仲間との絆を深めて強力な連携技を修得!「絆システム」情報公開

スポンサーリンク

セガゲームスは2020年1月16日に発売を予定しているPS4用ソフト『龍が如く7 光と闇の行方』について、本作から追加された新要素「絆システム」の情報を公開しました。

スポンサーリンク

「絆システム」について

「絆」とは

「絆」は春日と仲間たちの関係性を表す要素。仲間と共に戦う、食事する、プレイスポットで遊ぶといった行動により絆を深めていくことができる。
絆を深めると春日の攻撃にあわせて率先して追撃してくれるようになるなど、仲間の能力が成長し、より有利にバトルを進めることができる。

絆ステータス画面

「絆」を上げる方法の一部

プレイスポットで一緒に遊ぶ

プレイスポットの一部では、仲間と一緒に遊ぶことで絆を深めるられる。

新プレイスポット「名画座」では仲間と一緒に映画を鑑賞することで絆を深められるが、その際に相手の好きな映画をチョイスすれば、絆を大きくアップすることができる。

一緒に食事をする

飲食店で食事をする際、注文メニューをうまく組み合わせると「宴会トーク」と呼ばれる特別な食事会話イベントが発生。このイベントが発生すると、絆をさらに深めることができる。

「絆ドラマ」

絆が深まると展開されるサイドストーリー、それが「絆ドラマ」。仲間たちは春日を信用し、それぞれの秘められた過去や悩み、抱えているトラブルなどを打ち明けてくれるようになる。彼らの話を親身に聞き、悩みやトラブルを無事解決することができれば仲間の能力は大きく成長する。

「絆技」

「絆ドラマ」をクリアして仲間との絆を最大まで深めると、仲間に「絆技」という強力な連携攻撃技を修得させることができる。「絆技」の内容や効果は仲間ごとに異なり、いずれもゲーム中最強クラスの威力を誇る大技。