ベルトアクションやレース、STGなど複数ジャンルのゲームプレイを通じて描く少年の成長物語『198X』Switch国内版が2020年1月23日にリリースへ!

スポンサーリンク

ハチノヨンは、マルチジャンルゲーム『198X』のSwitch国内版を2020年1月23日に配信すると発表しました。価格は980円(税込)です。

『198X』について

  • 開発はスウェーデンのデベロッパー Hi-Bit Studios。
  • 1980年代を舞台に、さまざまな悩みを抱える少年Kidの成長物語が、ゲームプレイを通じて描かれる。
  • ある日、地元にゲームセンターを発見したKidは、コインひとつで新しい人生を体験できるアーケードゲームの世界にのめり込む。向き合うべき問題から逃れるようにアーケードに通いゲームプレイに興じるKidだったが、やがて現実とゲーム世界の境界が曖昧になっていく。
  • 収録ゲームは、ベルトスクロールアクション、横スクロールSTG、制限時間付きアーケードレース、強制スクロールアクション、ターンベースRPGの5ジャンル。いずれもKidの心象を投影した内容となっている。
  • コンポーザーは『イース』や『ベアナックル』シリーズなどで知られる古代祐三氏。
  • なお、本作は今後Hi-Bit Studiosが準備している新作へ続くプロローグ作品となっており、1~2時間程度のボリューム。

スクリーンショット

トレーラー

198X Release Trailer