ゲームメーカー年賀状:アトラス「『真・女神転生V』『PROJECT Re FANTASY』鋭意開発中」、スパチュン「ダンガンロンパ10周年いろいろ企画中」、コーエーテクモ「とっておきの新タイトルの発表が控えている」など

スポンサーリンク

ファミ通に届いたゲームメーカー54社からの年賀状の内容が一部判明しました。

アイディアファクトリー&コンパイルハート

PS4『アズールレーン クロスウェーブ』はおかげさまで売れました♪ありがとうございました!今年はネプ的に刮目せよ!な1年になるのでお楽しみに。

オトメイト

Switchでのタイトルリリースを力強く進める。

アトラス

『真・女神転生V』、『PROJECT Re FANTASY』ともに鋭意開発中。

ガンホー

Switch『ニンジャラ』をしっかり発売したい。

コーエーテクモゲームス

とっておきの新タイトルの発表を控えているのでご期待ください。

サイバーコネクトツー

『戦場のフーガ 』 は2020年の早い段階でお届けするよう制作中。

スパイク・チュンソフト

『ダンガンロンパ 』 10周年でいろいろ企画中。

トゥーキョーゲームス

スパイク・チュンソフトと協力して、『ダンガンロンパ 』 10周年でユーザーさんと同窓会のような雰囲気を作りたい。

日本一ソフトウェア

続編ものを準備していく。2021年以降の未来に向かって、日本一ソフトウェアならではの独自性の高いラインナップを用意できれば。

ハチノヨン

2019年は海外向けに『MHW:アイスボーン』や『サガ スカーレットグレイス』のローカライズをしました。

フリュー

未発表オリジナル作品あり。

ワーナー

『Back 4 Blood』(※『Left 4 Dead』開発スタジオが手掛ける新規IP )をコンソール向けに予定。