『龍が如く7 光と闇の行方』桐生一馬、真島吾朗、冴島大河のバトルスタイルが公開!

スポンサーリンク

セガゲームスは、1月16日の発売が目前に迫っているシリーズ最新作『龍が如く7 光と闇の行方』について、歴代シリーズの主人公「桐生一馬」をはじめ、主要人物「真島吾朗」と「冴島大河」のバトルスタイルを公開しました。

桐生一馬 出演:黒田崇矢

元東城会四代目会長。“堂島の龍”と呼ばれ、裏社会では知らぬ者はいない「伝説の極道」。届け出上は、2016年付で『死亡』したとされている。

バトルスタイルの特徴

伝説の龍・桐生 一馬は次々とバトルスタイルを変え、容赦なく叩きのめしてくる。バトルスタイルは4つあり、それぞれのバトルスタイルの特徴を見極めて的確に対処しないと強力な反撃をくらうことは必至。

  • 喧嘩スタイル:シンプルに殴る・蹴るを組み合わせた、喧嘩殺法の基本技を中心としたスタイル。
  • ラッシュスタイル:高速のラッシュ攻撃と回避能力に優れたスピードスタイル。攻撃には「気絶」の状態異常効果が含まれるものもある。
  • 壊し屋スタイル:ぶん回し攻撃や重い武器を拾って攻撃し、圧倒してくるパワースタイル。
  • 堂島の龍スタイル:弾き返し、受け流し、虎落とし、といった「三大奥義」を含めた桐生が持っている技を解放した最終スタイル。

伝説の男の強さは全く錆びついていない。

バトルが進行すると、桐生のバトルスタイルは壊し屋スタイルに変わる。

真島吾朗 出演:宇垣秀成

元東城会舎弟頭 直系真島組組長。凶暴な性格と言動から『嶋野の狂犬』と呼ばれ恐れられた超武闘派極道。警視庁による『神室町3K作戦』以降、消息不明となっている。

バトルスタイルの特徴

足技と鬼炎のドス攻撃を組み合わせた激しい連撃を仕掛けてくる。「麻痺」の状態異常を起こす攻撃や、広範囲攻撃など、多彩かつ予測不能な攻撃で翻弄する。

絶え間なくトリッキーな蹴り&斬りで襲い掛かってくる。紫の電撃エフェクトを伴った攻撃は春日たちが麻痺してしまうことも。

冴島大河 出演:小山力也

元東城会 直系冴島組組長。かつて『極道18人殺し』の汚名を背負い、25年もの歳月を獄中で過ごした伝説の極道。真島吾朗とは『兄弟』と呼び合う仲。警視庁による『神室町3K作戦』以降、消息不明となっている。

バトルスタイルの特徴

殴る・蹴る・ショルダータックルなど、すべての攻撃が重く、遠くまで吹き飛ばすほどの威力がある。

手数は多くないが尋常ではないパワーの攻撃を繰り出す。

真島と冴島のタッグ攻撃技

真島と冴島の2人が揃うと、特定の条件で真島のドスと冴島のパワーが融合した連携技『剛刃合殺』を繰り出してくる。

『剛刃合殺』は避けることのできない強力な攻撃。