『ラクガキキングダム』配信時期が2020年初夏へ延期 ラクガキを描ける人・描けない人すべてが楽しめるゲームを実現すべく大改修を実施へ

スポンサーリンク

タイトーは、iOS/Android向けに開発中の新作アプリ『ラクガキキングダム』の配信時期を今冬から2020年初夏に延期すると発表しました。

スポンサーリンク

延期理由について

下里プロデューサーによると、「少しでも多くのユーザーがラクガキを描いて楽しめる。また、たとえ描けなくても別の遊び方で楽しめるようなゲームにしたい」という思いを実現するために、クローズドβテストや内部テストを繰り返し、多くのフィードバックを集めて開発に反映してきたが、当初予定していたスケジュールでは、目標のクオリティに達することができないと判断したとのことです。

そして、以下の改修を実施することを明らかにしています。

改修要素

1.ラクガキシステム

  • 全コマンドが実装された「こだわりモード」と必要最低限のコマンドに簡略した「さくっとモード」のクオリティーアップ
  • 各コマンドの使い方やテクニックが理解出来る「説明動画」の作成
  • 初めての方でもラクガキが描けるチュートリアルモードの充実

2.育成システム

  • 100回プレイしたら100通りのラクガキを育成出来るだけでなく育成の過程において、感情移入出来るシナリオのクオリティーアップと成長を実感出来るシステムの実装。

3.バトルシステム

  • 戦略性がありながらテンポ感と爽快感を感じられる、演出、カメラ、UI周りの改修

4.自分のラクガキを愛でられるシステム「アトリエ」の拡充

  • 当初予定になかったラクガキのモーション追加やフレンド同士のコミニュケーション機能の追加等々
    ラクガキを強くしたいというモチベーションよりもラクガキをペット化して愛でたいというプレイヤーの受け皿となる要素の充実

これ以外にも細かな部分の改修を行う。改修完了後には、ゲームを一通りプレイできるバージョンで2回目のクローズドβテストを実施予定。これの詳細については3月中に再度報告するとしています。

Source: タイトー