伝奇ADV『被虐のノエル』グレードアップしてSwitch/PS4/Xbox One向けにリリース決定

スポンサーリンク

PLAYISMは、『被虐のノエル』のNintendo Switch/PS4/Xbox One版をリリースすると発表しました。

『被虐のノエル』は、 四肢を失った少女と悪魔のコンビによる復讐劇を描く伝奇アドベンチャーで、ゲームマガジンにて公開中の連載型フリーゲームです。作者はカナヲ氏。現在はシーズン11まで公開されており、Steamではシーズン1~7をまとめた有料版が販売中。また、コミカライズとノベライズのほか、ドラマCDも発売されています。

このたび発売が決定したNintendo Switch/PS4/Xbox One版は、イラストやセリフ、ゲーム要素が刷新されるほか、新規パートも登場するなど、内容がグレードアップするとのことです。

スポンサーリンク

これは、悪魔に両手両足を奪われた少女の復讐譚――

Story
両手両足を失った少女、ノエル=チェルクェッティ。
大悪魔カロンと契約し、行動をともにする彼女には
必ず復讐を成し遂げねばならない男がいた。
それは―――”市民の誇り”と称されるラプラス市長、バロウズ。
マフィアがはびこっていたラプラス市に平和をもたらし、
市民から愛されてやまないこの完璧無比な男に、
なぜ少女は激しく怒り、復讐を誓うのか?
四肢を失い、よろめきながらも復讐の歩みを止めないノエルと
それを冷酷に、しかし時には体を張ってサポートし続ける大悪魔カロン。
ともに復讐に燃える二人のコンビはバロウズを追い詰めて行く。