Switch/iOS/Android版『モンスターファーム』新規モンスターやプレイヤー参加型「大会モード」追加など最新アップデートが配信

スポンサーリンク

コーエーテクモゲームスは、配信中のSwitch/iOS/Android用タイトル『モンスターファーム』の最新アップデートを配信しました。アップデート内容は以下の通りです。

アップデート内容|iOS版1.4 / Android版1.3 / Switch版1.0.5

セーブデータ枠の追加

手動セーブデータ枠を無償で1枠追加。さらに個別課金により、既存のセーブデータ枠と無償枠の2つと合わせて最大14枠まで(1枠=120円、12枠まとめ買い=980円)増やすことが可能に。

対戦モード 1P側のエントリー方法の変更

これまでは自分のモンスターのみ選択可能だったが、他のプレイヤーがアップロードしたモンスターも選択可能に。これによりプレイヤー間での対戦や大会が行いやすくなる。

大会モードの追加

今後、プレイヤー参加型の大会の開催を予定。大会条件に合わせたモンスターを登録するだけで参加が可能で、バトルはブリーダーから指示を行わないオートバトルが採用される。

楽曲データの追加

2019年9月29日~2020年2月1日に発売されたCDタイトルと、Nintendo Switch版専用に2019年9月~2020年1月に発売されたNintendo Switchパッケージタイトルが追加。

新規モンスターの追加

存在する種族の派生モンスターとして、新規モンスターが追加。

その他

  • 能力合計値表示の追加
  • そのほか、細かな変更や修正