廃校監禁ホラーADV『コープスパーティー BLOOD DRIVE』Switch版が8月6日にリリース決定 ─ あらかじめダウンロードなら33%OFFに

スポンサーリンク

MAGES.は、Switch版『コープスパーティー BLOOD DRIVE』を8月6日にリリースすると発表しました。価格は2,700円+税ですが、7月22日から始まる“あらかじめダウンロード”なら33%OFFの1,980円(税込)で購入可能です。

『コープスパーティー』とは?

 PCゲームコンテスト最優秀作品から同人ゲーム作品、そして、コンシューマ作品へと恐怖のアップデートを繰り返し、アニメ化、実写映画化まで戦慄の拡大をした伝説の
ホラーゲーム。

 チームグリグリによる原作ゲーム(PC用)を、 MAGES.(当時5pb.)がPSP(PlayStation portable)用として移植し、『コープスパーティー ブラッドカバー リピーティッドフィアー』として、2010年8月12日に発売。以降、シリーズ4作を発売。

 本作はその最終作としてPlayStation Vitaで2014年7月24日に発売した『コープスパーティー BLOOD DRIVE』を、Nintendo Switchに移植して、ダウンロード専用タイトルとして発売するものです。

『コープスパーティー BLOOD DRIVE』とは?

 『コープスパーティー ブラッドカバー リピーティッドフィアー』から続く、呪われた廃校・天神小学校にまつわる物語の完結編となるのが、『コープスパーティー BLOOD
DRIVE
』です。

 ゲームシステムは、シリーズ第1作目である『コープスパーティー ブラッドカバーリピーティッドフィアー』と同じく、キャラクター操作による探索アドベンチャーゲームとなっています。

 何が起こるか分からない場所を探索しなくてはならない恐怖に、Nintendo Switchのユーザーをいざないます。

様々な恐怖が背筋を凍てつかせる

自らの行動が絶望へと近づく恐怖
 本作では主人公のあゆみを操作して物語を進めます(別のキャラクターを操作するシーンもあり)。一緒に行動するキャラクターがいる場合は任意で変更でき、状況によってキャラクターを使い分けることも重要。怨念が生み出した空間に仕掛けられた様々な罠。校内を徘徊する亡霊。油断すると死が待つ絶望へとプレイヤーを一歩ずつ近づけていきます。

豪華声優陣による迫真の演技が恐怖を煽る!

 本作は、人気・実力を兼ね備えた声優陣による真に迫った演技をダミーヘッドマイクで収録し、プレイヤーを廃校の孤独と恐怖、仲間といる安堵感、その逆に仲間からの不信感による絶望など、プレイヤーの感情を揺さぶり、臨場感をアップします。

【キャスト】

  • 篠崎 あゆみ CV:今井 麻美
  • 持田 哲志 CV:下野 紘
  • 中嶋 直美 CV:佐藤 利奈
  • 岸沼 良樹 CV:中村 悠一
  • 持田 由香 CV:喜多村 英梨
  • 丹羽 亜衣子 CV:山口 立花子
  • 水原さつき CV:原 由実
  • 丹羽 玖遠 CV:早見 沙織
  • 十三月 愛狩 CV:内田 真礼
  • 桐谷 御簾徒 CV:大須賀 純
  • 篠崎 サチコ CV:大谷 育江

商品概要

  • タイトル:コープスパーティー BLOOD DRIVE (コープスパーティー ブラッドドライブ)
  • ジャンル:探索ホラーアドベンチャー
  • 機種:Nintendo Switch
  • 価格: 通常価格:2,970円 (税込)

※あらかじめダウンロード期間中は、1,980円(税込)

  • プレイ人数:1名
  • CERO:D (17才以上対象)
  • 発売元:MAGES.
  • シナリオ:祁答院慎(チームグリグリ)
  • イラスト:Nino