スポンサーリンク

スクエニ松田社長「今年はサプライズがある」と発言!家庭用ゲーム機向けJRPGに関するものらしい

スクウェア・エニックス松田社長が日経トレンディネットのインタビューにおいて「2015年度は、かなりの数のハイエンド系ゲームを国内外で提供できると思っている。『FF15』をはじめ、JRPGの情報も出す」とした上で、「ちょっとしたサプライズがあるかと思います」と明かしました。もちろん内容は不明なのですが「家庭用ゲーム機向けJRPGですね」というヒントをくれており、これだけでも期待に胸を膨らませるユーザーは多そうです。

また、松田社長は2015年の抱負について「ビックリ箱」とコメント。これは「どれだけ驚きのある面白いものが提供できるかに尽きる」という意味だそうです。そして「2015年はHDゲームタイトルについて、日本も欧米の開発スタジオもラインナップがかなり増えているから注目してほしい」と話しています。

関連リンク
 ・日経トレンディネット