『討鬼伝』森中P、据え置き機でもシリーズ展開したい意向を明らかに

スポンサーリンク

toukiden-kiwami_140807 (5)

コーエーテクモゲームス『討鬼伝 極』の森中プロデューサーが、ファミ通最新号のインタビューにおいて、今後は据え置き機向けにもシリーズを展開したい意向を明らかにしました。

森中氏は、PSP版の存在が表現の制限に繋がったことは事実であると認め、今後は表現を追求するために据え置き機でも『討鬼伝』を開発したいとコメント。

実際に、ユーザーからも据え置き機版を出して欲しいという要望は届くそうで「望まれる方が多いならぜひ実現させたい」としています。また、外では携帯機でプレイし、自宅では据え置き機でプレイするというように連携させていきたいとも話しています。