スクエニ、Switchに意欲「新規IPの創造や旧作のリブートなどを積極的に行う」「当社の得意な中堅タイトルに適している」決算QAで松田社長が発言

スクウェア・エニックスHDの2018年3月期第2四半期決算説明会において、松田社長がNintendo Switchへの意欲を見せる発言を行いました。

<詳細は以下へ>

スポンサーリンク

Nintendo Switchでの展開に意欲

スクウェア・エニックスHDが11月8日に開催した2018年3月期第2四半期決算説明会の概要が公開となり、質疑応答でのやり取りが判明。それによると、「今後、開発リソースを充填配分するのはどこか」や「Nintendo Switchに対する評価と開発に対する取り組みについて教えて欲しい」という質問に対し、松田社長が以下のように発言。Nintendo Switchへ強い意欲を見せていることが分かっています。

Q. 今後、開発リソースを重点配分するのはどこか。
A. プラットフォーム毎の特性を考慮して開発リソースの配分を考えている。特に、「Nintendo Switch」は、過去の資産やノウハウが生かしやすいため、新規 IP の創造や旧作のリブート等を積極的に行いたい。

Q. 「Nintendo Switch」に対する評価と開発に対する取り組みについて教えてほしい。
A. 「Nintendo Switch」は、急速に普及が進んでおり、このようなプラットフォームが登場することを好感する。当社の得意とする中堅クラスのタイトルに適したプラットフォームなので、積極的に開発を進めていく。

その他の内容も抜粋してご紹介します。

Q. 「ドラゴンクエスト XI」の発売にもかかわらず、コンテンツ制作勘定の残高が前年度末よりも増加している理由は。
A. 海外・国内スタジオ双方で大型タイトルの開発が進捗している。各タイトルの発売時期については、今年度末から E3 にかけて順次発表していく。

Q. PC ゲームソフトのデジタル販売プラットフォーム「Steam」の評価を教えてほしい。
A. 「Steam」は、ユーザーは多いがタイトル数も多いため当社のタイトルが埋没してしまう。従って、当社プロモーションサイトから「Steam」への動線をつなぐことが重要と考えている。

Q. 9 月に発表した「レフトアライブ」の開発費やタイトルの位置づけは。
A. AAA 級のブランドを目指すが、多額の開発投資を見込んでいるわけではない。ゲームの内容は硬派な歯応えのあるもとなるため、その点をユーザーにアピールしたい。

株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングスのIR情報をご紹介いたします。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事