コーエーテクモ『進撃の巨人2』4vs4のチーム戦「殲滅モード」や共闘が楽しめる「協力プレイ」などオンライン要素が公開!

コーエーテクモゲームスは、3月15日に発売を予定しているPS4/PS Vita/Nintendo Switch/PC用ソフト『進撃の巨人2』について、オンライン周りに関する情報や新たに4人のプレイアブルキャラクターを公開しました。

<詳細は以下へ>

スポンサーリンク

オンライン関連情報

チーム戦「殲滅モード」

  • 最大4vs4のチーム戦で、巨人の討伐や拠点を設置して獲得したポイントを競い合う。
  • 専用アイテムで相手プレイヤーを行動不能にさせたり、相手チームの拠点を破壊してポイントを削ったりなど、妨害行為が可能となっており、巨人だけでなく、他プレイヤーとの駆け引きも重要。
  • 近くに同じチーム員がいれば、獲得ポイントに“チェインボーナス”が加算される。
  • アイテム「ペイント弾」で攻撃を受けると画面が見づらい状態になる。
  • 残り時間が少なくなると、巨人撃破のポイントが2倍になる“チャンスタイム”が発動。
  • 戦闘開始を待つロビーでは、“しぐさ”や“吹き出し”で他プレイヤーとの交流が可能。
殲滅モード1殲滅モード2殲滅モード3殲滅モード4

共闘「協力プレイ」

  • ストーリーモードの戦闘や、アナザーモードの調査任務では、世界中のプレイヤーとオンライン協力プレイが可能。
  • 自分から他プレイヤーに向けて救援要請を出せるほか、特定のNPCに話しかければ、現在の救援要請を出しているプレイヤーのシナリオに参加できる。
  • 調査任務では最大4人協力プレイが可能。
協力プレイ1協力プレイ2

素材を持ち寄り「共同開発」

  • 改造元となる装備を提供するプレイヤーと、その改造に必要な資材を提供するプレイヤーのふたりで行う装備開発。
  • 自分が持っていない装備や素材を持っているプレイヤーと協力することで、より効率的な開発が可能。
  • 開発した装備は、それぞれのプレイヤーが獲得できる。

共同開発

プレイアブルキャラクター

新たなプレイアブルキャラとして、キース、キッツ、ザックレー、ピクシスの4人が発表。

キースキッツザックレーピクシス
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事