据置ハードで『聖剣伝説5』来るか!?『聖剣伝説』の小山田P「25周年は色々な準備している。期待して待っていて」

seiken_150417

seiken_150417

スクウェア・エニックスの小山田プロデューサーが、2016年に生誕25周年を迎える『聖剣伝説』シリーズについて「来年25周年になりますので、当然いろいろな準備はしています。時期が来れば情報を出していきますので、期待して待っていてもらえればと思います。」と話しました。

――では最後に、PS Vita版のリリースを待ち望んでいたファンに向けてひと言お願いします。

須田 『聖剣伝説』は、来年で25周年を迎えるので、これからブランドの再立ち上げをしていく予定です。その切り込み隊長となるのが『聖剣伝説 RISE of MANA』だと思っています。この結果如何で、流れが変わってしまうかもしれないので、盛り上げられるだけ盛り上げていきます。あとは、小山田が次世代の『聖剣伝説』を作り上げてくれると思いますので、いい形でバトンを渡すだけです(笑)。

――すごいパスがきましたね(笑)。
小山田 いまの時点では言えないことしかないんですが(笑)。まず、『聖剣伝説 RISE of MANA』については、F2Pで提供することで、過去に『聖剣伝説』を遊んだことがある人にも、ない人にも触れてもらって、裾野を広げたいと思って作っていました。無料で遊べますので、まずは触ってみてほしいと思います。『聖剣伝説』シリーズで言えば、来年25周年になりますので、当然いろいろな準備はしています。時期が来れば情報を出していきますので、期待して待っていてもらえればと思います。

小山田プロデューサーは、2014年6月のインタビューで「2年後に『聖剣伝説5』を出したい」と意向を明かすと同時に「ユーザーが望んでいるのは据え置きハードだと感じている」と話しています。また、上記インタビューにおいて、Vita版『RISE of MANA』でプロデューサーを務める須田氏の「小山田が次世代の『聖剣伝説』を作り上げてくれると思いますので、いい形でバトンを渡すだけです」という発言も意味有りげな感じがして、ファンが待ち望んでやまない据え置きハード向け『聖剣伝説5』の準備が進められているのではないという期待感が沸き上がってきます。

『スターオーシャン』シリーズも6年ぶりにナンバリング最新作『スターオーシャン5』が発表されたことですし、『聖剣伝説』も続いて欲しいですね。

関連リンク
 ・ファミ通.com

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事