『ルルアのアトリエ』ルルアの師匠「ピアニャ」や天才剣士「オーレル」のプロフィールなど最新情報が公開!

コーエーテクモゲームスは2019年に発売を予定しているPS4/Nintendo Switch用ソフト『ルルアのアトリエ ~アーランドの錬金術士4~』の最新情報を公開しました。

ストーリー

1冊の“古文書”を巡る、『継承』の物語

舞台はアーランド共和国の辺境にある街――アーキュリス。

この街に、一人の錬金術士の少女が暮らしています。
ふらりと街を訪れたピアニャという錬金術士の弟子として、日々調合に邁進する少女。
彼女の夢はずばり、「偉大な錬金術士である母親を超えること」。
そして、彼女の母親の名前は――【ロロライナ・フリクセル】。

『フリクセル』の名を継ぐ彼女はある日、一冊の本を拾います。
自分以外には読めないその本は、とても難解なもの。
必死の思いで最初の1ページを解読すると、少女は確かに、自分になにかの力が宿ったことを感じます。

持ち前の好奇心と、夢への希望を胸に、少女はその書物を解読していくことにします。
彼女のそんな『思いつき』は、やがてアーキュリス、ひいてはアーランドの『真実』を解き明かしていくことに繋がるのでした……

「ロロナ」の娘、ルルアを取り巻く環境

ルルアは自分のアトリエを持たず、「師匠」の幌馬車のアトリエを使って、調合をしている。母であるロロナのような、立派な錬金術士を目指しているルルアだが、その実力はまだまだ。

ある日、ルルアが拾った一冊の本「アルケミリドル」。ルルアにしか読めないという、この謎の多い「アルケミリドル」は、彼女の将来を変えてくれるような、大きな力を与えてくれる。

「アーランド」地方、お馴染みの場所も登場

かつてロロナ・トトリ・メルルが旅した各地をルルアが訪れることも。

登場キャラクター

ピアニャ ― 頼りになる、ルルアのお師匠様


成長した、最果ての少女ピアニャ
職業:錬金術士

ルルアの師匠である錬金術士。
アーランドの高名な錬金術士「トトリ」を先生として錬金術を学び、一人前の錬金術士に成長した。
今では「師匠」として、ルルアに錬金術を教えている。
しっかり者で面倒見もよく、教え上手な良き師匠だが、可愛い弟子にいじわるな課題を出すような、お茶目な一面も。

オーレル – 最強の剣士を目指す、誇り高き冒険者


巷で噂の天才剣士クリストフ・オーレル・アーランド(オーレル)
職業:剣士

アーランド地方で新進気鋭の天才剣士として知られる冒険者。クールでサバサバしつつも、真面目な性格。厄介事はごめんと思いつつも、困っている人がいれば、ついつい世話を焼いてしまう。「最強の剣士」を目指し、“とある男”を超えるために日々修行を欠かさない。

今作では「アーランド」シリーズに登場した人物や場所が時を経てふたたび描かれます。
『メルルのアトリエ ~アーランドの錬金術士3~』から続く、その後の世界で、あのキャラクターたちがどんな姿になって登場するのか、今後の続報をお楽しみに。