2019年は『ファイナルファンタジーVII リメイク』に関する大きな情報あり!?ファミ通年末企画でスクエニ北瀬氏と野村氏が意味深コメント

スポンサーリンク

スクウェア・エニックスが開発中のPS4用ソフト『ファイナルファンタジーVII リメイク』について、2019年に大きな情報の発表が予定されている可能性が出てきました。

というのも、ファミ通最新号に掲載されている年末企画「ゲームクリエイター2019年の抱負」において、スクウェア・エニックスの北瀬佳範氏と野村哲也氏がそれぞれ意味深なコメントを寄せているため。

まず、野村哲也氏が2019年のキーワードを「7」とし、さらに「いろいろ発表予定」とコメント。一方の北瀬佳範氏のキーワードは「待望!」、さらに「FF7リメイク開発は順調!」「ファンの期待に応えられるよう頑張っていきたい」という旨のコメントをしており、共に『ファイナルファンタジーVII リメイク』に関する大きな情報発表を予感させるような内容となっています。

なお、野村哲也氏の「いろいろと発表予定」というコメントについてですが、以前述べた「『FFVIIリメイク』に付随する形で、いろいろな展開を考えている。コンピレーションタイトルについても何かできれば」という発言に関係しているかもしれません。