Switch『スーパーリアル麻雀PV』一時配信停止に。表現規制に不十分なシーンがあると任天堂とCEROから指摘

3月14日に配信が開始されたNintendo Switch版『スーパーリアル麻雀PV』が一時配信停止となりました。

配信元であるマイティークラフトによると、一部に表現の規制が不十分なシーンがあるという理由で、任天堂から一時的に配信を停止するという連絡を受けたとのこと。またCEROからも同様の指摘があったとしています。

現在は、全体のチェックと修正を行い任天堂への再審査の準備を進めており、審査が通りしだい修正パッチをリリースするとのことです。また、再配信については来週頃が予定されています。

Nintendo Switch版『スーパーリアル麻雀PV』は、セガサターン版に準拠した内容ですが、脱衣シーンをそのままでリリースすることは難しいため、見えてはいけない部分に白い光を当てて飛ばすといった対策がされていました。しかし、その処理が甘く「見えている」と指摘する声があがっていました。