バッテリー持続時間が長くなったSwitch新モデルは8月30日より販売開始。同日より携帯専用「Switch Lite」の予約解禁へ

スポンサーリンク

Nintendo Switch 新モデル 8月30日販売開始

任天堂は、8月下旬発売予定と告知していたSwitch新モデルについて、8月30日より販売を開始すると発表しました。価格は29,980円+税です。

新モデルの特徴は、バッテリー持続時間が現行モデルの約2.5時間-6.5時間から約4.5時間-9.0時間まで伸びたこと。時間の幅はバッテリー持続時間は遊ぶソフトや使用状況によって異なることを示しており、例えば『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』をプレイした場合のバッテリー持続時間は 現行モデル約3時間 、新モデル約5.5時間が目安です。

Amazonにて予約開始

Nintendo Switch Lite 8月30日予約開始

また、携帯専用「Nintendo Switch Lite」の予約も同日8月30日に解禁されます。発売は既報の通り9月20日、価格は19,980円+税です。Switch Liteは、従来モデルよりも小さくなった本体とJoy-Conが一体化した「携帯モード」専用モデル。「TVモード」「テーブルモード」として使用することはできないため、「携帯モード」に対応しないタイトルはプレイ不可(※Joy-ConとJoy-Con充電グリップを別途購入することでプレイ可能となるソフトもあり)。また、Joy-conの機能(HD振動、モーションIRカメラ、Joy-Con内蔵のモーションセンサー)を搭載しないため、「携帯モード」対応タイトルであっても、遊び方に制限がかかる場合があります。