『龍が如く7』バトルでは助っ人の「召喚」が可能、マリオカート風レースゲーム「ドラゴンカート」や睡魔と戦う「名画座」、人気4機種が遊べる「パチスロ」などプレイスポット情報も

スポンサーリンク

セガゲームスが2020年1月16日に発売を予定しているPS4用ソフト『龍が如く7 光と闇の行方』に関する最新情報が明らかとなりました。

スポンサーリンク

『龍が如く7』最新情報

キャラクター

  • 「向田紗栄子(CV:上坂すみれ)」:キャバ嬢
  • 「足立宏一(CV:大塚明夫)」:元刑事。現警視総監堀ノ内に楯突き理不尽な左遷を受ける。証拠を握る荒川に近づくため春日とともに行動。

ライブコマンドRPGバトル

フィールド上では一般人、チーマーっぽい服装の人間も戦闘が始まるとモヒカン、半裸などRPGの敵キャラ風に変身し武器を持って登場する。

召還

バトル中にスマホでお金を払い助っ人を召還。BGホームズ、権田原組長、ザリガニなど召還できるキャラは多数。攻撃や回復などで戦闘をサポートする。

プレイスポット

ドラゴンカート

横浜市街をコースにしたレースゲーム。ボックスを取ればロケットランチャーやガトリングガンを入手できる。

名画座

映画鑑賞をする春日は必ず途中で寝てしまう。その睡魔に打ち勝つべく羊男の誘惑と戦うボタン押しゲーム(リズムゲーム?)。

パチスロ

「ミニオンゴッド神々の凱旋」「アナザーゴッドハーデス‐奪われたZEUSver.‐」「パチスロ蒼天の拳 朋友」「パチスロ猛獣王 王者の咆哮」。店を出ても設定がリセットされない。特定のタイミングで変更。出入り口は高設定などホールの設定に近い配置になる。PS4で動く唯一のパチスロシミュレーター。

【追加情報】

  • 好きな機種を好きな設定で打てるパチスロ専用モードも搭載。
  • パチンコ店として「日拓エスパス」「PIA」「マルハン」が登場。
  • 前日据え置きの宵越しも検討中。