Switch『桃太郎電鉄 昭和、平成、令和も定番!』副監督を桝田省治氏、キャラクターデザインを竹浪秀行氏、一部BGMをヒャダイン氏が担当。開発決定の理由も

スポンサーリンク

先日の「Nintendo Direct 2019.9.5」にて電撃発表されたファン待望のシリーズ最新作『桃太郎電鉄 昭和、平成、令和も定番!』について、総監督/ゲームデザインを務めるさくまあきら氏と、副監督を務めるという桝田省治氏のインタビューがファミ通最新号に掲載されており、その一部が明らかとなりました。

スポンサーリンク

『桃太郎電鉄 昭和、平成、令和も定番!』インタビューより

  • さくま氏:2017年版で桃鉄はやめるつもりだったが、大きな画面でもやりたいという意見が来るようになった。
  • コナミ岡村氏:きちんと作れるスタッフ、環境を整えるのでもう一回チャンスを頂けないかとお願いした。(※関連記事:コナミ『桃太郎電鉄』シリーズの終了騒動を受けて公式声明を発表「長年かけて育ててきた大切なタイトルなので今後も続けていきたい」
  • 枡田氏:コナミはずっと桃鉄を作りたがっていた。
  • さくま氏:タイトル案は枡田。
  • 枡田氏:僕とさくまは老害。僕らを否定できる人がいない。でも2人の間では「おもしろくない」「つまんない」とはっきり言える。
  • (キャラクターデザインの)竹浪秀行さんには、黒目が大きくかわいいキャラクターをと言ったくらい。(※竹浪氏は『ぷよぷよフィーバー』や『サクラ大戦2』敵キャラなどを手掛けた人物)
  • ヒャダインさんの起用は。彼と娘が好きと言っていたのも大きい。
  • (従来シリーズBGMを手掛けた)サザン関口さんの曲から一新するのではなく、本作の特徴的な部分や新しいところにヒャダインさんの曲が追加。
  • テンポアップしている。全体のルールは変わらない。変える必要もない。
  • 開発状況20%
桃太郎電鉄 昭和、平成、令和も定番! [Nintendo Direct 2019.9.5]