魔法世界サバイバル『シタデル:永炎の魔法と古の城塞』魔法作成の土台となる魔法タイプ6種が公開!

スポンサーリンク

スパイク・チュンソフトは12月5日に発売を予定しているPS向けオープンワールド魔法サバイバルアクション『シタデル:永炎の魔法と古の城塞』の最新情報として、魔法作成の際に土台となる魔法タイプ6種類の情報を公開しました。

スポンサーリンク

魔法の土台となる魔法タイプ6種

プレイヤーは、魔法を作成する際に土台となる魔法タイプを決めます。プレイヤーが扱える魔法タイプは全部で6種ありますが、それぞれ使い勝手が異なり、発動できる武器種も限られます。ベースとなる魔法タイプに氷雪や火炎などの属性を組み合わせることで、同じ魔法タイプでも効果が変化。1つの武器に2種類の魔法をエンチャント(付与)でき、武器は4つまで装備可能なため、状況に応じてタイプの異なる魔法に切り替えることが重要です。

(1)衝撃魔法

近距離の標的に対して効果を及ぼす魔法タイプです。属性の効果が付いた殴打を繰り出したり、周囲の接近した敵にダメージを与えたりなど、属性によって効果は様々です。

発動可能な武器種:近接武器、ガントレット
該当魔法例:アイスストライク(衝撃魔法×氷雪属性)
前方に近接攻撃を繰り出し、攻撃を受けた敵にダメージと移動速度低下の効果を与えます。

(2)範囲魔法

指定した範囲に効果を及ぼす魔法タイプです。広範囲にゾーンを発生させて範囲内の敵すべてに継続ダメージを与える魔法が多く、複数の敵に対して効果を発揮します。

発動可能な武器種:近接武器、杖
該当魔法例:ブリザード(範囲魔法×氷雪属性)
広範囲に吹雪を発生させて敵に継続ダメージを与えます。他属性の範囲魔法より、ダメージ範囲は広いですが、射程距離は短くなります。

(3)投射魔法

遠距離の標的に対して魔力を撃ち出す魔法タイプです。連射が出来ない代わりに与えるダメージが高かったり、追加効果があったりと、強力な魔法が存在します。

発動可能な武器種:ワンド、杖
該当魔法例:ファイアボルト(投射魔法×火炎属性)
火炎の弾を放ち、命中した敵に高ダメージと炎上効果(追加ダメージ)を与えます。弾の速度はゆっくりですが、遠くまで飛ばせます。

(4)光線魔法

遠距離の標的に対して直線的なビームを放つ魔法タイプです。投射魔法とは異なり、連続してダメージを与えられるため、飛行する敵や素早い敵にもダメージを与えやすくなります。

発動可能な武器種:ワンド、ガントレット
該当魔法例:ペトリファイ(光線魔法×暗黒属性)
暗黒のビームを放ち、一度命中した敵を捉え続けます。暗黒属性の魔法は、マナの代わりに体力を消費して発動します。

(5)自己魔法

プレイヤー自身を対象とした魔法タイプです。体力の回復や身体能力(防御力・移動速度)を高めるなど補助的な効果を持ちます。

発動可能な武器種:近接武器、ワンド、杖、ガントレット
該当魔法例:ヘイスト(自己魔法×アルカナ属性)
使用した本人の移動速度を一定時間上昇させます。戦闘時に間合いを保つことに加え、探索時の移動にも活用できます。

(6)機能魔法

戦闘以外の用途で使用する魔法タイプです。素材採取や動物のテイム(手懐け)、近距離テレポートなどの魔法が分類されます。

発動可能な武器種:近接武器、ワンド、杖、ガントレット
該当魔法例:エクストラクト(機能魔法×自然属性)
近距離の樹木や岩石、クリスタルの塊から素材を抽出して持ち物に加えます。近接武器より採取効率が良く、武器の耐久度も低下しないメリットがあります。