『Ghost of Tsushima』2020年夏にリリース決定!最新トレーラー完全版もお披露目(※更新:日本語吹替版に差替え)

スポンサーリンク

Sucker Punchが手掛ける侍オープンワールド『Ghost of Tsushima』の発売時期が2020年夏に決定しました。また、先日のSIE動画イベント「State of Play」にてティザーが公開された最新トレーラーのフルバージョンもお披露目となっています。

※更新:トレーラーを日本語吹替版に差替えました。また、ゲーム概要およびSucker Punchコミュニケーションマネージャーからのメッセージ、さらに4Kスクリーンショットを追加しました。

『Ghost of Tsushima』「冥人(くろうど)」トレーラー

『Ghost of Tsushima』「冥人(くろうど)」トレーラー

『Ghost of Tsushima』について

武士の道から外れ、邪道に落ちた兵「冥人(くろうど)」となれ

時は文永(十三世紀後半)、モンゴル帝国(大元)は東方世界に覇を唱え、立ちふさがるすべての国を蹂躙していた。

東の果て日本(ひのもと)の国に侵攻すべく編成された元軍の大船団を率いるのは、冷酷にして狡猾な智謀の持ち主コトゥン・ハーン。ハーンは、侵攻の足掛かりとして対馬の攻略を企図した。

これに対抗すべく集結した対馬の武士団は、初めて見る元軍の兵略によって初戦で壊滅し、たちまち島は侵略の炎に包まれる。

だが、ひとりの武士がからくも生き延びていた。「境井 仁(さかい じん)」。仁は、境井家の最後の生き残りとして、あらゆる犠牲をいとわず、対馬の民を守り、故郷を取り戻すことを決意する。これまで歩んできた侍の道から離れ、冥府からよみがえりし者「冥人(くろうど)」として、いまだ誰も歩まざる道を進み、対馬を敵の手から解き放つのだ。

兵火の中で輝く古の美

戦のさなかであっても、戦場を離れれば、対馬のあちこちで目を瞠るほど美しい中世の日本に出会うことができる。プレイヤーは、オープンワールドで描かれる広大な自然や集落を探索し、さまざまな人々と出会い、多くの地を訪れながら、日本の美を見出すだろう。

日本各地の気候や地形、植生を取り込んで作り込まれた本作の対馬は、プレイヤーにさまざまな顔を見せてくれる――風を受けて揺れる薄(すすき)。静寂に包まれた神社。鬱蒼とした森林。集落。峻険な山々。激しい戦いのさなか、自然の調和の中に見出す一瞬の安息や、道中で助けた民と分かち合う束の間の喜びが、心の支えとなってくれるはずだ。

民のために戦え 名誉を捨てて

武士(もののふ)として名誉ある道を歩むべく鍛錬を積んできた仁にとって、元軍との合戦での対馬武士団の敗北は信じがたい衝撃であった。仁は究極の問いを突き付けられる。武士として名誉や習わしを重んじて勝ち目のない戦いを続けるのか。正道から外れようとも対馬の民を守るために為されるべきことを為し、安寧を取り戻すのか。

対馬を奪い返すためには、旧知の友からだけではなく、多くの民からも助けや導きを得なければならない。たとえ武士の道から外れようとも、新たな兵術を作り出し、あらゆる手を尽くして、残された対馬の民と故郷を守り抜け。

血と泥にまみれた苛烈な戦い

前代未聞の兵略と兵器を使いこなす恐るべき敵、元軍に立ち向かうには、己の技量を磨き上げ、新たな兵法を学ばなくてはならない。すべては対馬の地を守り、民を助けるためだ。

敵の意表をついて手合わせを挑めば、じりじりと近づき、一瞬の刀さばきが勝敗を決する、時代劇の果し合いのような迫力ある勝負が行える。弓の腕を上げれば、遠方の敵も確実に仕留める恐るべき弓取(ゆみとり)にもなれる。隠密の技を鍛えあげて、姿を隠しながら敵の裏をかき、抜き打ちで斬りかかることも可能だ。

己の流儀に合わせて武器や兵法を組み合わせ、対馬の地の利を生かし、工夫をめぐらせば、思いのままに力を発揮することができるだろう。物語が進むにつれ、柔軟な思考と新たな兵略があなたの最大の武器となるはずだ。

Sucker Punch アンドリュー・ゴールドファーブ氏 メッセージ

『Ghost of Tsushima』(ゴースト・オブ・ツシマ)が2020年の夏に発売されることを発表できて、本当に嬉しく思います。

本日公開した最新トレーラーでは、本作の主人公「境井 仁(さかい じん)」が故郷を守るために姿を変えた「冥人(くろうど)」という存在についてさらにご紹介しています。本作の冒頭では、境井 仁はまぎれもない武士として登場しますが、物語が進むにつれて、不本意ながらも新たな技を学び、侍らしからぬ戦術を用いざるを得なくなっていきます。トレーラーではそのほんの一部をお見せしました。今後、発売までの間に、仁についての追加情報をはじめ、仁が立ち向かうことになる敵や、仁を助けてくれる仲間、仁が冥土から蘇った存在「冥人」と呼ばれるようになるまでにどんな犠牲を払うのかについてもご紹介していきます。

すでにお伝えした通り、『Ghost of Tsushima』はサッカーパンチがこれまでに開発したどのゲームと比べても群を抜いて大規模なゲームです。今回のトレーラーでも、美しく実在感のあるオープンワールド内のさまざまな風景を少しだけご紹介していますが、これでもごく一部にすぎません。

また、本作のメインビジュアルも発表いたしました。「冥人」の鎧を着こんだ仁が、嵐を予感させる黒雲を背景に立つ画像から、作品の中で仁が得てゆく武具や道具、強化についても少しだけご理解いただけると思います。この点については来年さらに多くの情報をお届けいたします。

『Ghost of Tsushima』について今後さらなる情報をお伝えするのが楽しみです。最新情報を見逃さないように、PlayStation Japanの公式Twitter、Instagram、Facebookのアカウントをぜひフォローしておいてください。また、『Ghost of Tsushima』の公式サイトなら最新情報をいつでもご確認いただけますよ。

4Kスクリーンショット