『サクラ大戦』シリーズ国内累計出荷本数が400万本を突破!

スポンサーリンク

セガゲームスは、昨日に14年ぶりの最新作となる『新サクラ大戦』を発売したばかりの『サクラ大戦』シリーズについて、シリーズおよび関連作品の国内累計出荷本数が400万本を突破したと発表しました。以下、ニュースリリース全文です。

「サクラ大戦」シリーズの国内累計出荷本数が400万本を突破!

株式会社セガゲームスは、「サクラ大戦」シリーズおよび関連作の国内累計出荷本数が400万本を突破したことをお知らせいたします。

「サクラ大戦」は、蒸気技術が発達した架空の「太正時代」を舞台に繰り広げられる、スチームパンク作品です。
1996年9月にセガサターン用ソフトウェアとして発売された第1作『サクラ大戦』は、帝都・東京の平和を守るべく結成された秘密組織「帝国華撃団」の活躍が描かれました。平時は大帝国劇場のスタァとして舞台に立つ「歌劇団」、有事には霊力を武器にして戦う「華撃団」として活躍する物語や、仲間たちとの信頼が力になるゲームシステム、物語を彩るTVアニメーション的な演出は多くのプレイヤーの支持を獲得。当時セガサターンオリジナルタイトルとして最大のセールスを記録し、CESA大賞(現・日本ゲーム大賞)’96において作品賞を受賞いたしました。
その後もシリーズ作や関連作を発売し、2019年12月12日(木)にはシリーズとして約14年ぶりの完全新作となるPlayStation®4用ソフト『新サクラ大戦』を国内・アジア地域向け発売。2020年には北米・欧州での発売も予定しております。
「サクラ大戦」シリーズの人気はゲームだけにとどまらず、TVシリーズおよび劇場用アニメーション、ステージ、コミックなどのメディアミックスにより発展。人気シリーズとしての地位を確立し、誕生から20年を越えた今もさまざまな地域・メディアに広がり続けています。

■参考:シリーズ最新作『新サクラ大戦』について
『新サクラ大戦』は、架空の「太正時代」の帝都・東京を舞台に、悪と戦う「帝国華撃団」の活躍を描くドラマチック3Dアクションアドベンチャーです。
メインキャラクターデザインには「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)で連載された漫画『BLEACH』の作者として知られる久保帯人氏を起用。世界各国の華撃団をはじめとした登場人物は、堀口悠紀子氏、BUNBUN氏、島田フミカネ氏、杉森建氏、いとうのいぢ氏、副島成記氏がキャラクターデザインを担当。また、これまでのシリーズでも多数の楽曲を提供してきた田中公平氏が音楽を手がけます。そしてストーリー構成には、ゲーム・TVアニメ・映画とメディアの枠を超えて活躍するイシイジロウ氏を迎えました。

なお、本作はこれまでのシリーズ作同様、さまざまなメディアミックス展開を実施しております。現在「週刊ヤングジャンプ」(集英社刊)において『新サクラ大戦 the Comic』が連載中。さらに2020年にはTVアニメ『新サクラ大戦 the Animation』の放送や、舞台『新サクラ大戦 the Stage』の上演も予定され、「サクラ大戦」シリーズはさらに広がり続けています。