『ファイナルファンタジーVII リメイク』女装クラウドの姿も確認できる最新トレーラー公開!(※更新)

スポンサーリンク

スクウェア・エニックスは、4月10日に発売を予定しているPS4用ソフト『ファイナルファンタジーVII リメイク』のテーマソング「Hollow」発表記念トレーラーを公開しました。幼少期のクラウド&ティファ、女装クラウド(メイクアップシーン)、ドレス姿のティファ、レッドXIII(ナナキ)、神羅カンパニーより宝条、リーブ、スカレーット、パルマー、召喚獣リヴァイアサン、ジェノバ戦、魔晄炉に現れたセフィロスなど見どころ満載の映像となっています。

※更新:テーマソング「Hollow」メイキング映像を追加しました。

FINAL FANTASY VII REMAKE テーマソング発表記念Trailer

FINAL FANTASY VII REMAKE テーマソング発表記念Trailer

テーマソング「Hollow」メイキング映像

FINAL FANTASY VII REMAKE テーマソング「Hollow」メイキング映像

Music: Nobuo Uematsu
Vocals: Yosh(Survive Said The Prophet)
Lyrics: Kazushige Nojima
Translation: BenSabin, Jon Crow
Arrangement: Kenichiro Fukui

植松伸夫氏コメント

自分にとって「FF」シリーズはどれを取っても思い出深い作品ばかりですが、こと音楽に限っていえば「実験的な挑戦」を始めることができたという意味で『FFVII』がもっとも印象的な作品といえるかもしれません。
シンフォニックな「オープニング~爆破ミッション」にしろ、一曲の中に様々な風景を描いた「メインテーマ」にしろ、数小節ごとのフレーズを順列組み合わせで作った「片翼の天使」にしろ、それまでの「FF」シリーズにはなかった曲調です。前作の『FFVI』とはプラットフォームも変わりゲーム機の表現力も増したそのときこそが新しい挑戦にはうってつけのタイミングだったのでしょう。しかし今となればそれはハードが進化したせいだけではなく、時代そのものがゲーム音楽に変革を求めていたとも思えるのです。元々は子供のおもちゃとして生まれたはずのビデオゲームは、ちょうどあの頃大人でも楽しめるエンターテインメントに変身を遂げようとしていたのです。
しかし変わるといってもどこに向かって何をどうすればいいかさっぱりわからない。正解など誰も知ろうはずもありません。とりあえず完成形の目標をたてることなく、誰の意見にも耳を貸すこともなく、ただただ一人で部屋にこもって毎日毎日黙々と挑戦を続けさせてもらえた結果が『FFVII』の音楽です。
今回はゲーム中で流れる「Hollow」という歌を作らせてもらいました。この曲もこれまでの「FF」にはなかった曲調です。自分にとってはこれも「実験的な挑戦」の延長線上にあるのです。

Yosh(Survive Said The Prophet)について

Honda「シャトル」のCMで話題を呼び、人気アニメ『BANANA FISH』、『ヴィンランド・サガ』 の主題歌を担当したことでも知られる世界を股にかけるロックバンドSurvive Said The Prophet、通称サバプロのボーカリスト。
またSawanoHiroyuki[nZk]にヴォーカリストとして参加しており、「BELONG」(小説/コミック”Fate/strange Fake”CMソング)、「Barricades」(劇場版「進撃の巨人」Season2~覚醒の咆哮~ エンディングテーマ)、「scaPEGoat」(TVアニメ『終わりのセラフ』EDテーマ)等でヴォーカルを担当し、脚光を浴びる。
バイリンガルというバックグラウンドから産み出されるシンガーとしての圧倒的な存在感とオリジナリティーはもちろんのこと、ジャンルに捉われないアプローチでメロディーメイクする新世代ソングライターとしての評価も高く、その活動のフィールドは多岐にわたる。
1月15日にはSurvive Said The Prophetのニューアルバム「Inside Your Head」を発売したばかりで、大注目のロックバンド。