シリーズ三部作のエピソードを追体験できるVRドラマティックSTG『パンツァードラグーン Voyage Record(仮)』2020年リリースへ

スポンサーリンク

ワイルドマンは、VRヘッドセット専用ソフト『パンツァードラグーン Voyage Record(仮)』を2020年に発売予定と発表しました。価格は6,900円+税。対応プラットフォームは追って告知されます。

本作は、『パンツァードラグーン』『パンツァードラグーンツヴァイ』『AZEL -パンツァードラグーンRPG-』の3作品で描かれたさまざまなエピソードを追体験するVRドラマティックシューティング。

VRヘッドセットに最適化された一人称視点の新規グラフィックスと、VRコントローラをドラゴンの乗り手のハンドガンに見立てた新たな操作方法によって、パンツァードラグーンシリーズ三部作のエピソードを追体験できる完全新作であり、セガゲームスよりライセンスを受けて開発されています。

余談ですが、セガ社員の奥成洋輔氏によると、Forever Entertainmentと、その傘下スタジオであるMegaPixel StudioがNintendo Switch/Steam向けに開発中の『パンツァードラグーン:リメイク』も近く新たな情報が公開されるだろうとのことです。