基本無料のバトルロイヤルゲーム『Call of Duty: Warzone』正式発表 3月11日より配信へ

スポンサーリンク

アクティビジョンはCoDのバトルロイヤルゲーム『Call of Duty: Warzone』(PS4/Xbox One/PC)を正式に発表しました。日本時間3月11日午前4時より配信開始。なお、『CoD: MW』所持者は3月11日午前0時より1回だけ先行プレイが可能です。詳細は以下へ。

スポンサーリンク

『Call of Duty: Warzone』について

Call of Duty®: Warzone – トレーラー [JP]
  • 基本プレイ無料で遊べるバトルロイヤルゲーム。
  • 『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア』の追加モードだが、単独動作可能なスタンドアロンとして配信されるため、本編を持っていなくてもプレイ可能。ただし、本編の非所持者は83GB~101GBにも及ぶデータのダウンロードが必要。
  • ヴェルダンスクの街が舞台の巨大マップで150人のプレイヤーが生き残りをかけて戦う「BATTLE ROYALE」と、仲間と一緒にゲーム内キャッシュ獲得をかけて戦う「PLUNDER」という2つのモードを収録。
  • 「BATTLE ROYALE」
    周囲から迫る毒ガスの壁によって活動可能範囲が狭められていく中、3人1組の最大50チームがが生き残りをかけて熾烈な銃撃戦を繰り広げる。初めて敵に倒されたプレイヤーは収容所へと送られ、同じく戦いに敗れたプレイヤーと1対1の決闘を行い、勝利することで復活する権利を得られる。
    また、マップ内に点在するショップ「Buy Station」では、ゲーム内マネーで仲間を復活できるトークンなどの特殊アイテムを購入可能。
  • 「PLUNDER」
    同じく3人1組によるチームでマップを探索したり、Contract(指定された行動を達成することでキャッシュを稼ぐサブ目標)をクリアすることでキャッシュを集めることが目標。敵を倒すことでキャッシュを奪うことも可能。なお、集めたキャッシュは貯金をしておくことで敵に奪われてしまうリスクを回避可能。また、死んだら終わりではなく何度でもリスポーンすることができる。
  • ATV、タクティカルローバー、SUV、カーゴトラック、ヘリコプターという5種類のビークルが登場。

スクリーンショット