『ファイナルファンタジーVII リメイク』何部作になる?次回作は?アルティマニアのインタビューで語られた内容とは ─ ルーファウスやタークスメンバーの年齢も明らかに

スポンサーリンク

『ファイナルファンタジーVII リメイク』の攻略本『ファイナルファンタジーVII リメイク アルティマニア』が本日発売日を迎え、開発者インタビューの内容が一部明らかとなっています。

野村氏「浜口にミッドガルでラスボスと戦わせたいと言われた、疑問に関しては続きがあるのでほとんど答えられない、最後の某キャラ生き残りシーンはシナリオに仕掛けた謎に関する最大の見せ場」

北瀬氏「(何部作?)大体のイメージはあるがまだカチっと決まってない。明言できない状況。3部作と言われているのは推測が一人歩きしている」

野村氏「(次回作は?)何部作かによる。大きく分ければ時間が掛かり、細かく分ければ短いスパンに。自分としては早く出して欲しい気持ち」

@aibo_ac7 (1) (2)

同じくアルティマニアより、ルーファウス神羅、ツォン、レノ、ルードの年齢も判明。ルーファウス、ツォン、ルードの3人はいずれも30歳で、レノは28歳とのことです。

The #FF7R Ultimania book has officially revealed the ages of Rufus and the Turks:

Rufus: 30 years old
Tseng: 30 years old
Reno: 28 years old
Rude: 30 years old

This is the first time that official ages have been announced for them in the entire Final Fantasy 7 compilation!!

@aitaikimochi

また、プロデューサー北瀬佳範氏が海外メディアEntertainment Weeklyのインタビューで、既に『FF7R』次回作の開発に着手していることを認める発言をしたことがニュースに。昨年11月に公開された開発スタッフからファンへのメッセージで、野村ディレクターも「既に次への着手も始まっております」と述べていました。