PS4/Switch『KAMEN RIDER memory of heroez』発表!10月29日発売へ ─ 第1弾PV公開

スポンサーリンク

バンダイナムコエンターテインメントは、PS4/Nintendo Switch用ソフト『KAMEN RIDER memory of heroez』を10月29日に発売予定と発表しました。価格は通常版が7,600円+税(DL版同価格)、プレミアムサウンドエディションが11,800円+税(DL版同価格)です。

PS4(R)/Nintendo Switch(TM)「KAMEN RIDER memory of heroez」第1弾PV

令和初の仮面ライダー家庭用ゲームは“ヒーローチェインアクション”。 仮面ライダーならではのフォームチェンジを巧みに操るバトル、本編に登場するガジェットを駆使したアクション、 さらに仮面ライダーたちが織りなすオリジナルストーリー。 これまでの仮面ライダー家庭用ゲームタイトルからより一層進化した仮面ライダー体験が楽しめる。

  • 本作は「チェイン(つなぐ)」ということにポイントを置いており、次々とフォームチェンジしながら攻撃を繋いでいく=チェインアクション。物語とガジェットアクションのふたつにも強くフォーカスしている。
  • 物語について:仮面ライダーゼロワンが、平成ライダーの形を創り上げたふたりの英雄「W」と「オーズ」から正義の系譜を受け継ぐ。ゲームは、セクターシティと呼ばれる未知のエネルギーが溢れる島を舞台に、それぞれのライダーが濃密にクロスオーバーするオリジナルストーリーが展開。
    かつては観光地として栄えたセクターシティは変わり果てた姿になっており、ここで何が起きているのかを突き止め人類の平和を脅かす存在に立ち向かっていく。
    それぞれの正義をひとつのテーマに掲げており、ストーリーが進む過程でそれぞれの正義が時に共鳴、時に反発。正義とは何か、仮面ライダーとは何か、正義の系譜を受け継ぎ、正義の仮面を紡いでいく。
  • ガジェット:原作に登場するガジェットアクションにも注力。例えば「仮面ライダーW」に登場する“デンデンセンサー”の機能を使い、隠れたアイテムやキーワードを見つけ出すことが可能。ほかにも“カンドロイド”や“飛行型ビークル”を使ったガジェットアクションも。
  • チェインアクション:どのフォームで、どの攻撃をするかを、Lボタン(フォームチェンジサークルオープン)とLスティック(フォーム選択)、攻撃ボタン(攻撃選択)の組み合わせで瞬時に決定。これにより、戦況に合わせた最適なフォームと攻撃を選ぶことが可能になる。また、コンボルートが多岐にわたることになり、自分だけのコンボを考え出すことができる。
  • 爽快な通常バトルと緊迫のボスバトルのふたつが楽しめる。通常バトルではフォームチェインを使い、どれだけチェインを繋げられるかがポイント。チェイン数とダメージ量によって、各バトルのランク(最高ランクはSSS)が決まる。ボスバトルでは、戦況を冷静に見極めた立ち回りが求められる。ボスの一撃は非常に強力なため油断大敵。