PS4/Xbox One/Switch『OneShot: World Machine Edition』発売日が9月22日に決定

スポンサーリンク

DANGEN Entertainmentは、Future Catが開発を手掛けたPS4/Xbox One/Switch用ソフト『OneShot: World Machine Edition』の発売日を9月22日に決定しました。価格は1,650円(税込)です。

『OneShot: World Machine Edition』は、メタ要素を取り入れたパズルアドベンチャー。本作の主人公は、画面外でゲームをプレイしているユーザーの存在を認知している「ニコ」。プレイヤーは、ニコと共に、太陽が失われた不毛の地に再び光を取り戻すための旅を通じてニコとの絆を育んでいきます。

スポンサーリンク

『』

トレーラー

ゲーム概要

『OneShot』では、ゲームウィンドウの外のOSを使って解く謎が多く含まれています。PC向けの『OneShot』では、プレイヤーは謎を解くためにハードドライブに保存された特定のファイルと情報を見つけ出し、ゲームを進行させる必要がありました。一方、コンソール機向けの『OneShot』では、プレイヤーはコンソール機上でゲームを動作させるための内蔵OS「ワールドマシン」を使うことになります。見下ろし型のゲームウィンドウはいつでも最小化することができ、コンピューターのようなOS内のファイルにアクセスすることもできます。

「ワールドマシン」はファイルアイコンのドラッグやドロップ、スクリーン上のアプリウィンドウの移動といったアクションや、基本的なファイルの管理に対応しています。また、カラーテーマ、デスクトップ壁紙の変更や収集アイテムなどのオプションも備えています。

メタ要素を持つナラティブ的側面と、ゲームウィンドウを超えた没頭感のある物語と謎解きを組み合わせた『OneShot』は、プレイヤーに他には無いゲーム体験を提供します。

『OneShot』は2016年にPC向けに発売されました。このゲームはSteamにて27,000件以上のポジティブレビューを集め、非常に高い評価を得ています。Future Cat LLCの手掛ける『OneShot: World Machine Edition』がついにコンソール機プレイヤーにその新体験を味わうチャンスをお届けします。

OneShot: World Machine Edition
『OneShot: World Machine Edition』はプレイヤーと主人公によるインタラクティブなやりとりが特徴的な、新感覚パズルアドベンチャーゲームです。 太陽の失われた見知らぬ土地で目覚めた主人公「ニコ」を導き、世界に光を取り戻す旅に出ましょう。 旅の途中では様々な人の力を借り、時には邪魔が入ることもある...
タイトルとURLをコピーしました