スポンサーリンク

Switch用TCG+SLG『不如帰 大乱 -1553 竜虎相搏つ-』配信日が4月26日に決定!豪華イラストレーター70名競演による戦国絵巻

グランゼーラはNintendo Switch用ソフト『不如帰 大乱 -1553 竜虎相搏つ-』を4月26日に配信すると発表しました。価格は税込み1,000円(※ゲーム内購入あり)です。

<詳細は以下へ>

スポンサーリンク

「不如帰 大乱 -1553 竜虎相搏つ-」とは

「不如帰 大乱」は、カード収集やデッキ構築といったトレーディングカードゲームの自由度の高さと、シミュレーションゲームの戦術性が融合したゲーム。デッキの組み方やカードの使い方、ユニットの動かし方により、奥深い駆け引きが楽しむことができる。

ゲームシステムについて

プレイヤーは「織田信長」や「武田信玄」などの戦国武将が描かれたカードを組み合わせ、自分だけのデッキを編成して、合戦に挑む。
合戦では盤面上に配置されたユニットを動かし、対戦相手の大将を倒すことで勝利となる。
カードには、盤面にユニットを配置する「武将カード」、戦闘で武将を強化する「伝令カード」、戦況を様々に変化させる「計略カード」の3種類があり、自分の戦術に応じて多種多様なデッキを編成することが可能。

ゲームルールについて

手札から武将カードを使用することで、ユニットが合戦場に登場。ユニットには足軽/騎兵/弓衆/鉄砲/忍者などの兵種が設定されており、それぞれ移動範囲や攻撃範囲が異なる。

また、武将カードにはそれぞれ固有の武将特技が設定されており、複数の武将特技を組み合わせることで相乗効果を発揮するものや、1枚で戦況を一変させるほどの効果があるものも存在。さらに、合戦には天候・時刻・地形などの要素があり、雨天時には鉄砲が使えなくなったり、夜間には視界範囲が狭くなったりするため、様々な戦況を見極めることが勝利のカギとなる。

豪華イラストレーター競演による戦国絵巻

70名を超える人気イラストレーターによるカードイラストがゲームを彩る。(リリース後も定期的な新規カードの追加を予定)

【主な参加イラストレーター】※五十音順・敬称略
cuboon/kaya8/KEI/麻谷知世/文倉十/一徳/伊藤サトシ/緒方剛志/風間雷太/北千里
木村明広/後藤圭二/駒都えーじ/じじ/末弥純/菅原健/瀬口たかひろ/せんのあき/添田一平
高田明美/司淳/寺田克也 /戸部淑/成瀬ちさと/原田たけひと/原友和/樋上いたる/藤真拓哉
正子公也/真鍋譲治/みわべさくら 他多数

カードの購入について

ゲーム中で使用するカードは、ソロプレイやオンライン対戦で入手することができる「小判」を消費して購入。「小判」はソフト内購入で入手することもできるが、通常のプレイでも「小判」は十分に入手可能であり、追加課金なしでゲーム内のすべての要素を楽しむことができる。

継続的なバージョンアップ

ゲームリリース後は、新規カードの追加、オンラインイベントの実施などの定期的な無償バージョンアップが実施予定。

Switch
スポンサーリンク
game2talk@gmail.comをフォローする
スポンサーリンク

関連記事




ゲーム情報!ゲームのはなし