Switch版『ギルティギア イグゼクス アクセントコア プラスアール』公式リリースが発表!「今後も継続的にSwitchで格闘ゲームをリリース予定」

アークシステムワークスは、韓国の開発者向けカンファレンス「Nexon Developers Conference 18」にて発表したNintendo Switch版『ギルティギア イグゼクス アクセントコア プラスアール』について、さきほど公式リリースを公開しました。

シリーズ初のNintendo Switch移植作となった本作は、「GUILTY GEAR XX」シリーズの集大成として多くのファンを熱狂させ高い評価を受けた作品です。

遊べば遊ぶほど奥深い駆け引きを楽しめるそのゲーム性はそのままに、Nintendo Switch版の新要素として「ネットワークモードの強化」や韓国の著名なロックアーティスト故・申 海澈(シン・ヘチョル)さんが2003年に「GUILTY GEAR XX #RELOAD」韓国版に提供したオリジナル楽曲が収録されます!

2D対戦格闘ゲームの金字塔として、今なおその人気を不動のものとしているギルティギアシリーズの名作を、ぜひ“Nintendo Switch“にてお楽しみ下さい。

また、アークシステムワークスは今後も継続的にNintendo Switch向け格闘ゲームをリリース予定です。
続報にご期待下さい!

<「GUILTY GEAR XX ΛCORE PLUS R」とは?>
2D対戦格闘ゲームの金字塔として、今なおその人気を不動のものとしているギルティギアシリーズ。本作はギルティギアイグゼクスシリーズの集大成という位置付けの作品。

2006年にアーケードにて稼働を開始した「GUILTY GEAR XX ΛCORE」をキャラクターのコンセプトを最大限に活かすためのチューンアップを施した事により、戦略性の幅が広がりギルティギアらしい「攻める楽しさ」がより一層深みを増したと多くのファンに支持された名作の一つ。“最強最悪のギア”『ジャスティス』、“元聖騎士団団長”『クリフ=アンダーソン』など、個性豊かな25名がプレイアブルキャラクターとして参戦しているぞ!

関連リンク

 ・アークシステムワークス