『ソードアート・オンライン -ホロウ・リアリゼーション-』舞台は全て地続きの世界、ヒロインはAI、キリトがLv1からスタート、オンラインマルチ対応など

sao-hr_151010 (2)

sao-hr_151010 (2)

バンダイナムコエンターテインメントより2016年の発売が予定されているPS4/PS Vita用ソフト『ソードアート・オンライン ─ホロウ・リアリゼーション─』。同作キーマンへのインタビュー記事が電撃オンラインに掲載され、そこから様々な詳細が明らかとなっています。

  • キリトのレベルは1からスタート。
  • sao-hr_151010 (1)

  • 舞台は《アインクラッド》のようで別の世界。《アインクラッド》の元となった世界であり、《アイングラウンド》と呼んでいる。
  • そこは階層ごとに分かれた世界ではなく、全て地続きで繋がっている。
  • ゲームの雰囲気は《アインクラッド》を踏襲しており、最初の街も《はじまりの街》をベースに制作している。ゲームはこの街にある《黒鉄宮》のような所からスタートする。
  • 戦闘はオートアタックではなくアクションで行う。
  • ジャンプを導入しアクションの幅が広がっている。
  • パレットは自由にボタンをアサインすることもできる。アクションしながら、スキルパレットでバフを選んでかけるといったことも可能。
  • PS Vita版はタッチ操作でスキルパレットを使えるようにしたい。
  • スキルパレットを使った戦い、レイド戦やパーティメンバーへの指示など管理要素が多く存在。そうした管理要素とアクションの両立が本作の特徴。
  • 『ホロウ・フラグメント』はRPG寄り、『ロスト・ソング』はアクション寄りの作品だったが、今作は『ホロウ・フラグメント』にアクション要素を濃くして進化させたものを目指している。
  • 『ロスト・ソング』はソロプレイでも戦えたが、今回は1人だと厳しい。
  • 従来よりもさらにパーティ要素を重視。今回は最大4人パーティとなっており、1人目がトスを上げ、2人目がそれを受けてソードスキルを発動、3人目がそこから敵を拘束し、最後にプレイヤーがとどめを刺すといったプレイも可能。逆に自分はアシストにまわって仲間を活躍させることもできる。
  • 2人パーティだった『ホロウ・フラグメント』では、ラブラブなこともできたが、今回は4人パーティなのでそういうことがやりにくい。4人パーティではコミュニティの関係性が描かれ、2人パーティ時には少し会話の内容が変わっていくようにしたい。
  • 今作のヒロインはAIで、14歳くらいの設定。キリトたちと共に冒険をする中でAIが成長していく。その過程がとてもカワイイ。
  • sao-hr_151014

  • オンラインマルチに対応予定。

関連リンク
 ・電撃オンライン

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事