ケムコ新作ノベルADV『最悪なる災厄人間に捧ぐ』Nintendo Switch版の配信日が9月20日に決定

スポンサーリンク

ケムコは、Nintendo Switch版『最悪なる災厄人間に捧ぐ』の配信日を9月20日に決定しました。価格は2,778円(税別)です。

本作は、『一緒に行きましょう逝きましょう生きましょう』を手掛けたR氏がシナリオとイラストを制作、『レイジングループ』のamphibian氏が全面監修した「限りなく透明で残酷な“災厄世界系”ノベルADV」です。100万文字・40時間超にも渡って儚くも切ない物語が展開されるという本作は、いつでも既読の章・節に戻って読み直しができるほか、複雑な世界構造も分かりやすく図解するなど、遊びやすさにも配慮されています。

透明人間の少女・クロと、透明人間しか見えない少年・豹馬。互い違いの孤独を埋めるため、寄り添って生きる2人に、やがて”災厄”は牙を剥き、残酷な世界が立ちはだかります。

パラレルワールド。透明人間。神隠し。全知の石版。繰り返される滅びと別れの果て、完全なる絶望が訪れる前に、不条理な世界の謎を解き、救いに至ることはできるでしょうか?

必然にして未然だった出会いから始まる、悲しみと超克の物語。

最悪なる災厄人間に捧ぐ

コメント